ニュース

地震負傷者、9県で155人 福島・宮城で被害相次ぐ

2021/2/14 21:37
 地震で倒壊し、道路をふさぐ住宅の門=14日午後1時31分、福島県桑折町

 地震で倒壊し、道路をふさぐ住宅の門=14日午後1時31分、福島県桑折町

 福島、宮城両県で最大震度6強を観測した13日深夜の地震の負傷者は14日、共同通信の集計で宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川の9県で155人となった。住宅被害が相次ぎ、福島、宮城では少なくとも約240人が一時、新型コロナウイルスの感染防止対策が取られた避難所に身を寄せた。

 東北と関東などで最大90万戸を超えた停電は解消したが、福島、宮城で断水が続いた。厚生労働省によると、宮城や福島、茨城、栃木県内で最大約2万5700戸が一時断水した。福島県が災害派遣を要請した自衛隊は、震度6強に見舞われ、ほぼ全域で断水した新地町で給水活動を始めた。


この記事の写真

  •  テント型の仕切りが設置された体育館に避難し一夜を明かした人たち=14日午前6時53分、福島県相馬市

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 緊急事態宣言、6府県で解除へ (2/28)

     岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県で3月1日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除される。ピーク時に比べて感染者は減少したが、感染再拡大への懸念は根強い。各府県は飲食店への時短営業要請を解...

  • 210人犠牲の集落、慰霊塔除幕 (2/28)

     東日本大震災の津波で、活動中の消防団員が亡くなった岩手県大槌町安渡地区で28日、地区全体の犠牲者を弔う慰霊塔の除幕式が行われた。集落では210人以上が犠牲に。鐘を打ち鳴らして住民避難を促し続けた消防...

  • 避難勧告3月1日にも解除へ (2/28)

     栃木県足利市の両崖山(251メートル)一帯の山林火災で、同市の和泉聡市長は28日、記者会見し「状況はさらに好転した。明日、鎮圧を宣言できる」と述べた。305世帯に出している避難勧告も、3月1日に解除...

  • 在日ミャンマー人、東京でデモ (2/28)

     ミャンマーでの国軍によるクーデターから1カ月を受け、在日ミャンマー人らが28日、東京都渋谷区の国連大学本部前で抗議デモをした。参加者は会場となった広場を埋め尽くし「民主的政権を取り戻せ」とシュプレヒ...

  • 海水浴場で震災犠牲者慰霊、宮城 (2/28)

     東日本大震災から10年の節目を前に、被災した宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場で28日、犠牲者の慰霊法要が営まれた。津波で流された鐘を鳴らし、岩手、宮城両県の僧侶約10人が般若心経を唱えると、約60人の...