ニュース

和歌山が独自にウイルス解析 コロナ対策へ経路解明図る

2021/2/15 11:07

 和歌山県は15日、独自に新型コロナウイルスの遺伝子解析を始めると発表した。県内への持ち込み経路を推定し、より具体的な注意喚起を行うなど対策に生かしたい考え。これまでは国立感染症研究所に依頼しており、結果が出るまで2カ月かかることもあったが、自前の解析では最短で数日まで短縮できるとした。

 また中核病院などに1時間余りで結果が出る検査機器を配備。入院できる医療機関83カ所と高齢者・障害者施設全2170カ所には約8万8千人分の抗原検査キットを配り、利用者や職員の感染の早期発見を図る。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • EU、ワクチン供給で企業に圧力 (2/26)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は25日、首脳会議を開き、新型コロナウイルス問題を集中協議した。製薬会社からのワクチン供給が契約より大幅に削減された問題について、加盟27カ国首脳は協議後の声明で...

  • 高齢者施設の感染80%減 (2/26)

     【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は25日、高齢者施設の入所者らに対する新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった昨年12月中旬と比べ、全米の施設での新規感染が今月上旬時点で80%...

  • 2回接種で91%に抗体 (2/26)

     【ロンドン共同】英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは25日、新型コロナウイルスのファイザー製ワクチンを2回接種した人のうち、91%に抗体が確認されたと発表した。80歳以上の人に限ると...

  • 米失業保険申請73万件 (2/25)

     【ワシントン共同】米労働省が25日発表した20日までの週の新たな失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比11万1千件減の73万件だった。2週連続の減少。新型コロナウイルスの感染がやや落ち着きつつあり...

  • 米GDP改定値3・5%減 (2/25)

     【ワシントン共同】米商務省が25日発表した2020年の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は前年比3・5%減となり、速報値と同じだった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け経済活動が停滞し、減...