ニュース

希少トカゲモドキなどの密輸防止 環境省、条約国に保護協力求める

2021/2/15 16:54
 トカゲモドキの一種、オビトカゲモドキ(環境省提供)

 トカゲモドキの一種、オビトカゲモドキ(環境省提供)

 環境省は15日、南西諸島の森林に生息する固有種で、国内希少野生動植物種(希少種)に指定されているトカゲモドキとイボイモリの計7種について、他国に保護の協力を求めるワシントン条約の「付属書3」に正式に掲載されたことを明らかにした。付属書3への掲載は国内初。密輸を防ぐのが狙いで、掲載は14日付。

 掲載されたのは、褐色の体と黄色などの模様が特徴の爬虫類トカゲモドキ6種と、平たい体の両生類イボイモリ。ペットとして国内外で愛好家が多いが、外来種による捕食や違法な捕獲などで生息数が減少していた。

 今後、輸出の際には政府発行の許可書などが必要となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 白いタヌキ2匹は親戚同士? (3/6)

     約170キロ離れた長野県飯田市と三重県松阪市で見つかった白いタヌキ2匹に、偶然できたとは思えない全く同じ遺伝子変異があり、親戚同士の可能性が高いことが分かったと、京都大の古賀章彦教授らのチームが6日...

  • 星出さん4月22日に宇宙へ (3/6)

     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は5日、宇宙飛行士の星出彰彦さん(52)が搭乗する米スペースXの宇宙船クルードラゴンを早ければ4月22日にも米南部フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上...

  • 82%が原発廃止求める (3/6)

     共同通信が、東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の被災者300人に実施したアンケートで、国内の原発について、将来的な廃止も含めてなくすべきだと答えた人が82%に上ったことが6日、分かった。事故から...

  • 小児がん、9割が就学に影響 (3/6)

     国立がん研究センターは5日、小児がんの診断時に就学していた患者の9割近くが治療のために転校や休学、退学を余儀なくされたとする調査結果を発表した。治療による就学への影響は大きく、教育機会の確保が課題と...

  • 厚労省、コロナ病床使用率を公表 (3/6)

     厚生労働省は5日、3日午前0時時点の新型コロナウイルス患者向けの病床使用率を公表した。千葉県は51%で、政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる50%以上の水準だった。 一方、...