ニュース

市職員が生活保護不正支給 特定1世帯に1270万円

2021/2/15 21:06

 さいたま市は15日、生活保護の業務に携わる40代の男性職員が、特定の1世帯に総額約1270万円を不正に過払いしていたと発表した。この世帯との関係など詳しい経緯を調査して処分を検討するとともに、埼玉県警に被害を相談している。

 市によると、職員は市内の区役所に勤務。受給申請の審査やケースワーカーの指導に当たる「査察指導員」で、昨年4月〜今年1月、17回にわたって「上司が決裁した」と偽り、生活保護を受ける特定の1世帯に対し、小規模事業を営むための「生業費」計約1270万円を不正に支出した。

 清水勇人市長は「検証し再発防止を徹底する」とのコメントを出した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 両陛下、岩手被災者を見舞う (3/4)

     天皇、皇后両陛下は4日、東日本大震災の発生から10年を迎えるのを前に、住まいの赤坂御所で、岩手県の被災者をオンラインで見舞われた。震災被災者との交流は、天皇陛下の即位後初めて。 宮内庁によると、両陛...

  • 群馬で銃撃、組長ら3人が重傷 (3/4)

     4日午前3時35分ごろ、群馬県伊勢崎市本町の路上で「人がもめている。けんかではないか」との通報があった。県警によると特定抗争指定暴力団山口組系暴力団の男性組長(48)と暴力団関係者の男性(27)が銃...

  • 首里城の火災、消防「原因不明」 (3/4)

     正殿などが焼失した2019年10月の首里城(那覇市)の火災について、市消防局が「火災原因は不明」とする調査書をまとめたことが4日、情報公開請求で分かった。正殿など全焼6棟に加え、調査中だった奉神門と...

  • 出産後の解雇、二審も無効 (3/4)

     育休から復帰する直前に解雇されたのはマタニティーハラスメントだとして、神奈川県内の保育士の30代女性が、保育園を運営する同県伊勢原市の社会福祉法人「緑友会」に雇用関係の確認と損害賠償を求めた訴訟の控...

  • ケフィア元役員に賠償命令 (3/4)

     加工食品のオーナー制度で多額の資金を集め、1千億円超の負債を抱えて破産した「ケフィア事業振興会」と契約を結んだ岐阜県や愛知県、大阪府などの男女計76人が、同社の元男性役員に損害賠償を求めた訴訟の判決...