ニュース

ワクチン管理容易な保冷箱を開発 岩谷産業、引き出し式採用

2021/2/16 18:13
 岩谷産業が開発した保冷箱

 岩谷産業が開発した保冷箱

 岩谷産業は16日、新型コロナウイルスのワクチン輸送や保管ができる保冷箱を開発したと発表した。他社製品の多くは箱の上からワクチンを取り出す仕組みであるのに対し、引き出し方式を採用。出し入れの管理がしやすく、安全で使い勝手が良いことをアピールし、医療機関や自治体からの受注を目指す。3月中旬ごろから販売を始める。

 従来の保冷箱は、出し入れの作業中にワクチンを覆うドライアイスをよける必要があり、直接触れると凍傷になる恐れがある。岩谷の保冷箱はドライアイスを箱の上部に詰め、ワクチンは下部の引き出しから取り出せるようにし、それぞれのスペースを分離した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 農業の「つなぎ融資」、542件 (2/27)

     農家の減収を穴埋めする収入保険制度について、新型コロナウイルス感染拡大の影響で資金が必要になった農家や農業法人に対し、2020年12月末までに計542件、30億6千万円のつなぎ融資が実施されたことが...

  • 球場に歓声戻る、西武―ロッテ (2/27)

     プロ野球の球場にファンの姿が戻った。西武―ロッテの練習試合が27日、高知市の高知県立春野野球場で2059人の観衆を集めて行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のために、12球団はキャンプや練習試合...

  • 東京、新たに337人感染 (2/27)

     東京都は27日、新型コロナウイルスの感染者が新たに337人報告されたと明らかにした。 都内の感染者数は1月中旬ごろをピークに減少傾向だが、最近は減り方が鈍化している。入院患者は2千人弱で、依然として...

  • 中国成長率、沿岸部は控えめ6% (2/27)

     【北京共同】中国に31ある省・直轄市・自治区の2021年の域内総生産(GDP)成長率目標が27日までに出そろった。新型コロナウイルス再流行の懸念がくすぶる中、経済規模の大きい沿海部の多くは6%台と控...

  • 岡山県知事、支援差を疑問視 (2/27)

     岡山県の伊原木隆太知事は27日の全国知事会後の記者会見で、新型コロナウイルス対策に関し、地域によって政府からの支援差が大きいとして疑問を呈した。「(感染対策を)頑張れば頑張るほど支援が少なくなるので...