ニュース

富士登山、事前予約制を検討 専門委、入山税徴収に向け

2021/2/16 18:39
 富士山=2018年2月5日撮影

 富士山=2018年2月5日撮影

 山梨、静岡両県などでつくる「富士山世界文化遺産協議会」の専門委員会は16日、富士山の5合目から先に入る登山に関し、事前予約制とするなど条件を付ける方向で検討していると明らかにした。現在、任意の協力金名目で集めている入山料を「法定外目的税」として徴収する方策として選択肢に挙がった。

 16日のオンライン会議で静岡県側が明らかにした。入山の条件として、事前予約制のほかに登山届けの義務化、事前レクチャーの受講が候補に挙がっている。これらの手続きの際に税を徴収する。課税対象者を広く捕捉でき、混雑が問題視されている夏登山の質向上につながると判断した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 滑落事故でガイド役を書類送検 (3/8)

     神奈川県山北町で昨年3月、登山をしていた同県秦野市の女性会社員(46)が滑落死した事故で、県警は8日、安全管理を怠ったとして、業務上過失致死容疑でガイド役だった同市の男性(59)を書類送検した。同日...

  • 衝突車両の運転手書類送検 (3/8)

     神戸市灘区の阪急電鉄神戸線の踏切で昨年11月、特急電車と軽自動車が衝突し電車が脱線した事故で、兵庫県警は8日、過失往来危険の疑いで、軽自動車の男性運転手(42)を書類送検した。捜査関係者への取材で分...

  • 日比谷線脱線21年で追悼 (3/8)

     2000年3月、営団地下鉄(現東京メトロ)の日比谷線中目黒―恵比寿間で電車が脱線し乗客5人が死亡、64人が重軽傷を負った事故から8日で21年となった。東京メトロの山村明義社長らが東京都目黒区の現場近...

  • 被災地の大半が追悼式開催 (3/7)

     東日本大震災の津波や東京電力福島第1原発事故で被災した岩手、宮城、福島3県の被災自治体で、新型コロナウイルス感染拡大のため昨年追悼の式典やイベントを取りやめた18市町村のうち、17市町村が今年は開催...

  • 防災対策、専従職員不在は20% (3/7)

     災害続発で防災対策の重要性が高まる一方、自治体の一部は十分な体制を整備できていない実態が7日、明らかになった。共同通信のアンケートに対し、全国市区町村の20・5%は、防災の仕事に専従する職員が存在し...