ニュース

新会長候補、国際感覚など重視 組織委、5項目から選考へ

2021/2/16 19:44
 組織委の御手洗冨士夫名誉会長、武藤敏郎事務総長

 組織委の御手洗冨士夫名誉会長、武藤敏郎事務総長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、辞任を表明した森喜朗会長の後任を選ぶ「候補者検討委員会」の初会合を開き、新会長の選考で求められる資質として国際的な知名度や国際感覚、組織運営の調整力など5項目の観点をまとめた。選考過程の透明性を高める狙いがある。

 関係者によると、検討委は次回会合で後任候補を推薦することを想定。今週中にも候補者を絞り込み、選定を急ぐ。理事会での決議を経て新会長を正式決定する。

 選考基準の5項目では、男女平等や共生社会など「五輪憲章や東京大会の理念を実現し、それを将来にレガシーとしてつなげていくことができる人」などを挙げた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 五輪ソフト女子代表、23日発表 (3/1)

     日本ソフトボール協会は1日、今夏の東京五輪に出場する女子日本代表選手の発表を、23日にオンラインで実施すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大のため当初は2月下旬に予定していたが、ずれ込んでいた。...

  • 島根・丸山知事、IOCに注文 (2/28)

     島根県の丸山達也知事は28日、県の新型コロナ対策本部会議の開催後に記者団の取材に応じ、国際オリンピック委員会(IOC)や日本オリンピック委員会などを念頭に「オリンピック開催を望む人たちが東京都に(感...

  • 池江璃花子「今までより速く」 (2/26)

     白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が26日、東京都世田谷区の日大キャンパスで練習を報道陣に公開し、東京五輪代表選考会を兼ねる4月の日本選手権に向けて「(復帰後の)今までの...

  • 組織委の橋本会長「経験生かす」 (2/25)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が25日、スポーツ庁を訪問して室伏広治長官と会談した。「(五輪相から)立場は変わったが、経験を生かしながら、皆さまに理解してもらえるようにしっかり取り...

  • 荒川と米川がボートアジア予選へ (2/25)

     ボートの東京五輪出場権獲得を目指す日本代表候補によるシングルスカル評価レース最終日は25日、埼玉・戸田漕艇場で行われ、男子は荒川龍太(NTT東日本)、女子は米川志保(トヨタ自動車)が1位となり、五輪...