ニュース

五輪ボクシング、最終予選中止に 日本勢は出場権獲得が絶望的か

2021/2/16 20:55
 堤駿斗=2020年2月

 堤駿斗=2020年2月

 東京五輪でボクシングを運営する特別タスクフォースは15日、6月の世界最終予選中止の方針など五輪予選の日程変更を発表した。新型コロナの影響で欧州予選が4月から6月に延期され、男子フェザー級の堤駿斗(東洋大)ら日本の男女5選手が臨む予定だった最終予選の実施が困難になった。

 最終予選で決まる予定だった男女計53の枠は2017年からの国際大会の成績をポイント化したランキングで決定する方針。日本勢は実績が乏しく出場権獲得は絶望的とみられる。

 日本連盟は今回の変更を受け、既に予選が終了したアジア・オセアニアとアフリカの選手による最終予選実施を求める嘆願書を提出する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 島根・丸山知事、IOCに注文 (2/28)

     島根県の丸山達也知事は28日、県の新型コロナ対策本部会議の開催後に記者団の取材に応じ、国際オリンピック委員会(IOC)や日本オリンピック委員会などを念頭に「オリンピック開催を望む人たちが東京都に(感...

  • 五輪テスト大会で選手の入国検討 (2/27)

     政府が新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の全面解除後、原則入国が停止されている海外選手について東京五輪・パラリンピックのテスト大会などに参加する場合、「特段の事情」として受け入れを検討していること...

  • 池江璃花子「今までより速く」 (2/26)

     白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が26日、東京都世田谷区の日大キャンパスで練習を報道陣に公開し、東京五輪代表選考会を兼ねる4月の日本選手権に向けて「(復帰後の)今までの...

  • 組織委の橋本会長「経験生かす」 (2/25)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が25日、スポーツ庁を訪問して室伏広治長官と会談した。「(五輪相から)立場は変わったが、経験を生かしながら、皆さまに理解してもらえるようにしっかり取り...

  • 荒川と米川がボートアジア予選へ (2/25)

     ボートの東京五輪出場権獲得を目指す日本代表候補によるシングルスカル評価レース最終日は25日、埼玉・戸田漕艇場で行われ、男子は荒川龍太(NTT東日本)、女子は米川志保(トヨタ自動車)が1位となり、五輪...