ニュース

再生可能エネルギーで地域活性化 脱炭素化促進制度を創設

2021/2/17 6:01
 福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

 福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

 政府が掲げる2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロ達成に向けた地球温暖化対策推進法改正案の全容が16日、判明した。太陽光など再生可能エネルギー導入による脱炭素化の促進を、地域活性化や環境保全につなげる制度を創設。基本理念を新たに設け「50年までの脱炭素社会の実現」と明記した。与党との調整を経て今国会に提出する。

 実質ゼロ目標は、菅義偉首相が昨年10月の所信表明演説で表明。ただ地域で主導的な立場を担う自治体から人手不足を訴える声も上がっており、達成への道は険しい。

 改正案では、地域に役立つ再生エネ発電事業を「地域脱炭素化促進事業」と定義した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 災害時の病院船導入「国の責務」 (3/6)

     災害時に負傷者らの治療や輸送を行う「病院船」の導入を目指す超党派議員連盟が策定した法案の原案が6日、分かった。船舶を活用した医療提供体制の整備は「国の責務だ」と強調。政府内に首相をトップとする推進本...

  • 別姓反対の意見書可決へ、岡山 (3/6)

     岡山県議会に自民党県議団の主導で選択的夫婦別姓の導入に反対する意見書案が19日に提出され、過半数を占める同県議団の賛成多数で可決の見通しであることが6日、分かった。同党県連幹部は「陳情を検討した上で...

  • 首相、震災10年で福島視察 (3/6)

     菅義偉首相は6日、東日本大震災からの復興状況を確認するため、福島県を視察した。11日で震災から10年となるのを前に、復興に取り組む姿勢をアピールするのが狙い。首相は1月、新型コロナ感染拡大で首都圏4...

  • 首都圏知事、マスクや手洗い訴え (3/5)

     東京都と埼玉、千葉、神奈川3県の知事は5日午後、新型コロナウイルスの緊急事態宣言延長に伴ってテレビ会議を開き、昨年3月以降に花見の時期などを経て最初の宣言へつながった経緯を教訓に「1年前を思い出そう...

  • 緊急事態の再延長を今夜決定 (3/5)

     政府は5日夜、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づき、首都圏1都3県に発令している緊急事態宣言の再延長を決定する。西村康稔経済再生担当相は専門家らで構成する諮問委員会で、7日までの宣言の期限...