ニュース

中国、20年の出生数15%減 住宅費や養育費が負担に

2021/2/17 6:17

 【北京共同】中国公安省は17日までに、2020年の新生児数が前年比15%減の1003万5千人だったと発表した。4年連続の減少。中国メディアは、住宅費や養育費の負担などが減少の原因と分析している。

 中国では1979年から続けてきた「一人っ子政策」を2016年に撤廃。この年の出生数は増加したが17年以降、減少に転じた。総人口も27年ごろに減少に転じるといわれている。

 中国誌「三聯生活週刊」は、多くの若者が高騰する住宅費のため生活に余裕がないと指摘。また教育費を含む養育費は「中産階級でさえ大きな負担」という。中国の大都市の住宅購入費は年収の十数倍とされる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ニュージーランド沖で大地震 (3/5)

     【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド北方のケルマデック諸島沖で5日午前8時28分(日本時間同4時28分)ごろ、マグニチュード(M)8・1の地震があった。米ハワイの太平洋...

  • 中国全人代、午前10時開幕 (3/5)

     【北京共同】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が5日、北京で開幕する。李克強首相の政府活動報告で、2021〜25年の新たな中期経済目標「第14次5カ年計画」を公表。新型コロナウイルス感染症の流行...

  • 香港民主派を一掃へ (3/5)

     【北京、香港共同】中国の第13期全国人民代表大会(全人代=国会)第4回会議が5日、北京で開幕する。香港の選挙制度見直しが主要議題の一つとなる。「愛国者による香港統治」を確実にする仕組みを構築する。中...

  • NZ沖でM6・9 (3/4)

     【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド沖で5日午前2時27分(日本時間4日午後10時27分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。震源はニュージーランド北島の北...

  • ジョコ大統領「外国製品嫌え」 (3/4)

     【ジャカルタ共同】インドネシアのジョコ大統領が、4日に行われた政府の全国会議で、国産製品の流通量拡大を指示し「国内製品を愛するだけでなく、外国製品を嫌うよう呼び掛けよ」と命じた。外国製品排斥を自ら促...