ニュース

ガソリン11カ月ぶり高値 全国平均141円40銭

2021/2/17 15:00
 ガソリンスタンドでの給油

 ガソリンスタンドでの給油

 経済産業省が17日発表した15日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、8日時点の前回調査と比べて1円80銭高い141円40銭だった。143円50銭を付けた昨年3月16日の調査以来、11カ月ぶりの高値水準となった。値上がりは12週連続。

 調査した石油情報センターは、主要産油国の協調減産で需給が引き締まると意識され、原油価格が上昇したと説明。新型コロナウイルスのワクチンの普及で、早期の経済回復が見込めるとの思惑も広がった。来週も値上がりを予想した。

 ハイオクは1円80銭高い152円30銭、軽油は1円70銭高い121円80銭。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY円、106円後半 (3/2)

     【ニューヨーク共同】週明け1日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比22銭円安ドル高の1ドル=106円71〜81銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2044〜54ドル、128円55...

  • 米ズーム、売上高4倍 (3/2)

     【ニューヨーク共同】ビデオ会議システムを運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが1日発表した2021年1月期決算は、売上高が前期比4倍の26億5136万ドル(約2800億円)だった。純利益は...

  • 為替相場   2日(日本時間 7時) (3/2)

     7時現在           1ドル=             106円77銭〜          106円81銭    前日比  −0円18銭   1ユーロ=            128円64銭...

  • NY株反発、603ドル高 (3/2)

     【ニューヨーク共同】週明け1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比603・14ドル高の3万1535・51ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンの普及による米景気回復...

  • NY株式   1日終値     (3/2)

    <ダウ工業30種平均>      31535.51       前日比 +603.14