ニュース

医療船NPOが新居浜と災害協定 被災地支援で備え

2021/2/17 18:03
 愛媛県新居浜市に停泊する医療船「いぶき」。手前は「ピースウィンズ・ジャパン」の大西健丞代表理事(左)と杉本陸船長=17日午後

 愛媛県新居浜市に停泊する医療船「いぶき」。手前は「ピースウィンズ・ジャパン」の大西健丞代表理事(左)と杉本陸船長=17日午後

 実現すれば日本初となる災害対応医療船を所有する認定NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(広島県神石高原町)は17日、医療船「いぶき」が停泊する愛媛県新居浜市と災害協定を締結した。大西健丞代表理事(53)は「船だと被災地の近くまで行き、支援を展開できる。災害への備えが無駄にならないことを社会に示していきたい」と話した。

 「いぶき」は、同法人の医療・救助チーム「空飛ぶ捜索医療団ARROWS」が運用する。

 締結式で石川勝行市長(72)は「南海トラフ巨大地震の発生が懸念される。貴重な経験と知識を持つ団体と協定を結ぶことができ、心強い」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 鹿児島の幼児2人殺害か (2/27)

     福岡、鹿児島両県で子ども3人の遺体が見つかった事件で、鹿児島県警は27日、鹿児島の幼児2人について、遺体の状況から殺害された疑いがあるとして捜査していることを明らかにした。遺体が発見されたホテルの4...

  • 栃木の山火事、消火活動を再開 (2/27)

     栃木県足利市の両崖山(251メートル)一帯の山林火災で、地元消防や陸上自衛隊が27日、消火活動を再開した。発生7日目。市によると、風が強まる予報があるものの、延焼の状況はコントロールできており、避難...

  • JRA、騎手の受給調査 (2/27)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、JRAが騎手や調教師の受給の有無を確認するため実態調査に乗り出したことが26日、関係者へ...

  • 子ども3人死亡、男性搬送 (2/27)

     福岡県警は26日、福岡、鹿児島両県で、子ども3人の遺体が見つかったと発表した。3人の父親とみられる40代男性が病院に搬送されて治療中。両県警は身元を調べるとともに、男性が子どもの死亡に関与した疑いが...

  • 古い血痕、新手法で検出可能に (2/27)

     福井県警科学捜査研究所(科捜研)は26日、犯行現場に残されて長時間経過した血痕が、人間に由来するものだと証明する新たな検査方法を開発したと発表した。開発者の村橋将崇研究員(34)は「現場からより多く...