ニュース

安保違憲訴訟、二審も原告敗訴 高裁那覇支部、控訴審で初判断

2021/2/18 13:52
 福岡高裁那覇支部=18日午前

 福岡高裁那覇支部=18日午前

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障法制は違憲で、平和に暮らす権利が侵害されたとして、沖縄県民ら80人が国に1人当たり1万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)は18日、原告側控訴を棄却し、一審那覇地裁に続いて請求を退けた。

 「安保法制違憲訴訟の会」などによると、全国約7700人が22の地裁・地裁支部へ起こした集団訴訟の一つ。一連の訴訟では、高松高裁が手続きの不備を理由に審理を高知地裁に差し戻した。請求に対する判断を示したのは、今回の高裁那覇支部判決が控訴審で初めて。一審では原告敗訴が続いている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • ドローンが消火活動を中断 (2/27)

     栃木県足利市の山林火災で、市によると、何者かが27日、火災現場付近で消火活動とは関係のないドローンを飛行させた影響で、一時ヘリコプターでの消火活動が中断される事態になった。和泉聡市長は同日の記者会見...

  • 関千枝子さんが死去 (2/27)

     広島の被爆者でノンフィクションライターの関千枝子(せき・ちえこ)さんが21日、出血性胃潰瘍のため東京都品川区の自宅で死去した。88歳。大阪府出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男誠(まこと...

  • 群馬・桐生の山林火災は鎮圧 (2/27)

     群馬県桐生市は27日、同市黒保根町で25日に発生し、延焼を続けていた山林火災が鎮圧状態になったと発表した。下草などに火種が残っている可能性があり、28日も陸上自衛隊のヘリコプターと消防が消火活動を行...

  • 山火事、悪条件で散水追い付かず (2/27)

     栃木県足利市の両崖山(251m)一帯で起きた山林火災は28日、発生から1週間を迎える。ヘリコプターによる消火活動は急拡大する延焼のスピードに散水が追い付かずに長期化。季節特有の乾燥と強風という気象条...

  • 福岡の遺体は9歳男児 (2/27)

     福岡、鹿児島両県で子ども3人の遺体が見つかった事件で、福岡県警は27日、同県飯塚市の集合住宅で発見された遺体の身元が住人の小学3年田中大翔君(9)と判明したと発表した。死後1週間程度経過し、目立った...