ニュース

京急、踏切事故「深くおわび」 現場の60キロ速度制限を解除へ

2021/2/18 16:59

 運輸安全委員会が横浜市の京急線の踏切で2019年に起きた快特電車と大型トラックの衝突事故の調査報告書を公表したことを受け、京浜急行電鉄は18日、「乗客や沿線住民にご迷惑とご心配を掛け、改めて深くおわびする」とのコメントを発表した。

 現場の神奈川新町―京急東神奈川間で事故後から実施していた速度制限を、20年度中にも解除する方針を明らかにした。快特電車の最高速度を時速60キロから120キロに引き上げる。

 安全委は報告書で、現場では踏切の異常を伝える「特殊信号発光機」(特発)が架線柱などで断続的に遮られて運転士が気付くのに遅れた可能性があると指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 親族の相談、児相が町と共有せず (3/5)

     福岡県篠栗町で5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された碇利恵容疑者(39)の親族が福岡児童相談所(春日市)に生存確認などを複数回訴えた相談を、児相が町に一度も伝えていなか...

  • 長崎県警の警部が情報漏えい疑い (3/5)

     長崎県警は5日、職務上知り得た秘密を交際していた報道機関の男性に漏らしたとして、地方公務員法違反の疑いで、本部勤務の40代女性警部を書類送検した。同日付で停職6カ月の懲戒処分とし、警部は依願退職した...

  • 香港逃亡し死亡の元役員を不起訴 (3/5)

     名古屋地検岡崎支部は5日、競馬の結果を的中させて高額配当するとうたって現金を不正に集めたとして、出資法違反容疑で書類送付された投資会社「東山倶楽部」元役員の男性を、被疑者死亡で不起訴処分とした。IC...

  • JRA調査結果、6日に公表 (3/5)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、実態調査をしていたJRAは5日、結果を農林水産省に報告した。6日午後にホームページなどで...

  • 東京の拾得物、32・4%減 (3/5)

     2020年に警視庁に届け出があった東京都内の拾得物は約280万6千件で、前年に比べ32・4%減少したことが5日、同庁への取材で分かった。遺失届は約78万5千件で25・0%減り、新型コロナウイルスの感...