ニュース

JR東、ホームにシェアオフィス 中央線西国分寺と三鷹駅、全国初

2021/2/18 20:37
 駅ホームのシェアオフィスのブースのイメージ図(JR東日本提供)

 駅ホームのシェアオフィスのブースのイメージ図(JR東日本提供)

 電車が来るまで、ひと仕事―。JR東日本は18日、中央線快速の西国分寺駅と三鷹駅のホームにシェアオフィスのブースを開設すると発表した。ホームでの設置は全国初としている。電車待ちの時間を有効活用できるとアピールしつつ「駆け込み乗車はご遠慮を」と呼び掛けている。

 JR東によると、25日に西国分寺駅で、3月25日に三鷹駅でそれぞれオープン予定。ブースは完全個室と半個室の2パターンがある。会員登録が必要で15分250円(税抜き)。午前7時半から午後9時まで利用できる。

 JR東は2023年度までに東日本を中心に全国で千カ所のシェアオフィス開業を目指す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • フォリフォリジャパンが破産 (2/25)

     時計やアクセサリーの「Folli Follie(フォリフォリ)」を手がけるフォリフォリジャパン(東京)が、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが25日、分かった。東京商工リサーチや破産管財人...

  • 国公立大2次試験始まる (2/25)

     新型コロナ緊急事態宣言が10都府県に発令される中、国公立大2次試験の前期日程が25日、全国各地の大学で始まった。169大学582学部に23万5403人が志願し、募集人員に対する倍率は2・9倍。大学入...

  • 米で3例目ワクチン実用化近づく (2/25)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は24日、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンの有効性と安全性を確認したとの評価書を公表した。評価書を基に26日...

  • 島耕作が新型コロナ感染 (2/25)

     講談社の漫画誌「モーニング」13号が25日発行され、人気連載「相談役 島耕作」の主人公島耕作が新型コロナウイルスに感染した姿が描かれた。 作者の弘兼憲史さんは、実際に感染した知人で50代の会社経営者...

  • 東京都160施設でワクチン保管 (2/25)

     東京都は24日、新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、ワクチンを保管するディープフリーザー(超低温冷凍庫)など必要な設備を設置して地域の拠点となる「基本型接種施設」を約160カ所確保したと明らかに...