ニュース

消費者物価0・6%下落 1月、マイナス幅縮小

2021/2/19 8:48

 総務省が19日発表した1月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比0・6%下落の101・4だった。前年を下回るのは6カ月連続。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府の観光支援事業「Go To トラベル」が全国で一時停止された影響で、マイナス幅は前月と比べて0・4ポイント縮小した。

 生鮮食品とエネルギーを除いた1月の指数は0・1%上昇の102・0だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 為替相場   5日(日本時間21時) (3/5)

    21時現在           1ドル=             108円40銭〜          108円41銭    前日比  −1円25銭   1ユーロ=            129円35銭...

  • 東京円、108円台前半 (3/5)

     5日の東京外国為替市場の円相場は一時、昨年6月以来約9カ月ぶりの円安ドル高水準となる1ドル=108円台前半で取引された。108円35銭まで円安が進む場面があった。 午後5時現在は前日比1円11銭円安...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • ウーバー報酬引き下げ「中止を」 (3/5)

     料理宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達員らでつくる労働組合「ウーバーイーツユニオン」は5日、配達報酬の一方的な引き下げに対し「あまりにも不当な料金で配達員の生活を破壊している。直ちに中止すべきだ」...