ニュース

伊方原発非常用ガスタービン公開 四国電、電源多様化へ

2021/2/19 17:43
 四国電力伊方原発の非常用ガスタービン発電機を点検する関係者==19日午後、愛媛県伊方町(代表撮影)

 四国電力伊方原発の非常用ガスタービン発電機を点検する関係者==19日午後、愛媛県伊方町(代表撮影)

 四国電力は19日、伊方原発(愛媛県伊方町)で新たに運用を開始した非常用ガスタービン発電機の定期点検を報道陣に公開した。外部電源を喪失した際、原発を安全に操作するための電源で、伊方原発では既にディーゼル発電機や電源車などを配備している。四国電は「電源の多様化で、より安全性が高まる」と期待を寄せた。

 四国電によると、ガスタービン発電機は非常時には1分以内に起動できるもので、3号機の南西、標高32メートルの場所にある。建屋は高さ23メートル、南北28メートル、東西37メートル。設置費用は建屋を含め約140億円、工事には7年9カ月を要した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 40年超原発の運転「不可欠」 (3/4)

     経済産業省資源エネルギー庁は4日、関西電力が運転開始から40年を超えて再稼働を目指す福井県内の原発3基に関する住民向け説明会を福井市で開いた。事故時の住民避難計画や安全対策を紹介した上で、エネルギー...

  • EU、ロシアワクチンを審査 (3/4)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA、本部アムステルダム)は4日、ロシア製の新型コロナワクチン「スプートニクV」の迅速な承認に向け審査を始めたと明らかにした。欧...

  • 英、ワクチン効果の実証相次ぐ (3/4)

     【ロンドン共同】コロナワクチンの接種が進む英国で、効果を実証する調査結果が相次いでいる。抗体が多くの人に確認されたほか感染そのものや感染後の重症化リスクが下がったことも判明。英政府や研究者らは結果を...

  • 顔との隙間なくせば1枚でも効果 (3/4)

     スーパーコンピューター「富岳」で新型コロナウイルス対策を研究する理化学研究所のチームは4日、会話の際などに口から出る飛沫の飛散シミュレーションや実験に基づき、不織布マスクは鼻に当たる部分のワイヤを曲...

  • 1170人感染、67人死亡 (3/4)

     国内で4日、新たに1170人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は東京279人、神奈川138人、埼玉123人、千葉107人で、首都圏1都3県はいずれも3桁だった。死者は東京23人、神奈川10...