ニュース

アフリカのコロナ死者10万人超 第2波で急増、エボラの懸念も

2021/2/19 18:38

 【ナイロビ共同】アフリカ疾病対策センターの19日のまとめによると、新型コロナウイルス感染症による死者がアフリカ全体で10万人を超えた。昨年末までに多くの国で発生した第2波により死者が急増、致死率も上がった。最近はエボラ出血熱流行の懸念が新たに加わり、医療は正念場を迎えている。

 同センターの19日午前の統計では、感染者が約379万人に対して死者が10万294人。昨年12月1日時点の死者は5万1915人だった。

 もともと貧弱だった医療体制が第2波で深刻な影響を受けたとみられ、致死率も急上昇した。現在は約2・6%と、世界全体での約2・2%を上回っている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 20都道府県がステージ3以上 (2/27)

     厚生労働省が27日までに発表した新型コロナ感染状況の指標によると、病床の逼迫度を示す確保想定病床の使用率は、月末までで緊急事態宣言が解除される岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県を含む計20都...

  • 福井恐竜博物館、化石が500点 (2/27)

     開館20周年を迎えた福井県立恐竜博物館(勝山市)は27日、同市の約1億2千万年前(白亜紀前期)の地層で見つかった恐竜や動物の展示をリニューアルした。8種の恐竜化石など約500点が並び「これまでの発掘...

  • 東京337人感染、15人死亡 (2/27)

     東京都は27日、新型コロナ感染者が新たに337人報告されたと発表した。直近7日間の平均では1日当たり269・3人となり、26日時点より微増した。60〜90代の感染者15人の死亡も確認され、死者累計は...

  • ワクチン接種、正確な情報を要求 (2/27)

     全国知事会が27日開いたオンライン会合で、新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報の遅れや度重なる日程変更など、政府対応への不満が噴出した。接種の体制整備に取り組む自治体の財源不足も判明。知事会は...

  • 東電、原発賠償額が10兆円超へ (2/27)

     福島第1原発事故を起こした東京電力による賠償支払額の累計(除染費用を含む)が、2021年度にも10兆円を超える見通しになったことが27日、分かった。避難に伴う慰謝料や営業損害などに対する支払額は2月...