ニュース

検視官の臨場率、81・2% 警察扱いは16万9496遺体

2021/2/19 18:49

 全国の警察が20年に取り扱った遺体は、16万9496体(前年比1688体増)だったことが19日、警察庁のまとめで分かった。うち122体が新型コロナに感染していた。事件性の有無を判断する検視官が現場出動する臨場率は81・2%(前年比0・1ポイント減)だった。

 遺体の内訳は、犯罪による死亡が明らかなものが485体、犯罪による死亡の疑いがあるものが1万7241体、病死などの可能性がある「その他」が15万1770体だった。東日本大震災や交通関係の死者は含まれていない。

 検視官の数は20年4月現在で370人。臨場率が100%だったのは秋田、富山、鳥取の3県だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • ドローンが消火活動を中断 (2/27)

     栃木県足利市の山林火災で、市によると、何者かが27日、火災現場付近で消火活動とは関係のないドローンを飛行させた影響で、一時ヘリコプターでの消火活動が中断される事態になった。和泉聡市長は同日の記者会見...

  • 関千枝子さんが死去 (2/27)

     広島の被爆者でノンフィクションライターの関千枝子(せき・ちえこ)さんが21日、出血性胃潰瘍のため東京都品川区の自宅で死去した。88歳。大阪府出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男誠(まこと...

  • 群馬・桐生の山林火災は鎮圧 (2/27)

     群馬県桐生市は27日、同市黒保根町で25日に発生し、延焼を続けていた山林火災が鎮圧状態になったと発表した。下草などに火種が残っている可能性があり、28日も陸上自衛隊のヘリコプターと消防が消火活動を行...

  • 山火事、悪条件で散水追い付かず (2/27)

     栃木県足利市の両崖山(251m)一帯で起きた山林火災は28日、発生から1週間を迎える。ヘリコプターによる消火活動は急拡大する延焼のスピードに散水が追い付かずに長期化。季節特有の乾燥と強風という気象条...

  • 福岡の遺体は9歳男児 (2/27)

     福岡、鹿児島両県で子ども3人の遺体が見つかった事件で、福岡県警は27日、同県飯塚市の集合住宅で発見された遺体の身元が住人の小学3年田中大翔君(9)と判明したと発表した。死後1週間程度経過し、目立った...