ニュース

接種後死亡の場合は4420万円 コロナワクチン、国が補償

2021/2/19 20:14

 田村憲久厚生労働相は19日の衆院予算委で、新型コロナのワクチン接種後に副反応などで死亡した場合、国の健康被害救済制度によって一時金として遺族に4420万円が支払われると説明した。立憲民主党の末松義規議員の質問に答えた。

 ワクチン接種は、まん延を防ぐため緊急に行う予防接種法の「臨時接種」として実施。この仕組みでは接種後の健康被害への補償が最も手厚くなる。

 死亡時の一時金は、医療機関の過失の有無にかかわらず支払われる。葬祭料として20万9千円も給付される。

 最も重く、日常生活全般で介護が必要になる1級の障害が生じた場合、年額で505万6800円を支給する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 首相、4月にも訪米検討 (3/8)

     日米両政府が、菅義偉首相の訪米を早ければ4月に実現し、バイデン大統領との対面による初の首脳会談を開く方向で検討を始めたことが分かった。複数の日本政府関係者が8日、明らかにした。米国内の新型コロナウイ...

  • 2月の企業倒産、50年で最少 (3/8)

     東京商工リサーチは8日、2月の全国の企業倒産件数(負債額1千万円以上)が前年同月比31・5%減の446件となり、8カ月続けて前年実績を下回ったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた実質無利子...

  • ハンド、北国銀大山「必ず優勝」 (3/8)

     12日に始まるハンドボールの日本リーグ・プレーオフ(東京・国立代々木競技場)に出場するレギュラーシーズンの男女上位各4チームが8日、オンラインで記者会見した。女子1位で最多タイの7連覇を狙う北国銀行...

  • 英国の働くママ、多くが抑うつ (3/8)

     【ロンドン共同】新型コロナ流行により学校が長期休校した英国で、働く母親の60%が近親者の助けを得られない中、育児をしたり子どもの自宅学習の面倒を見たりしながら仕事をこなし、孤独や抑うつ状態になってい...

  • 下宿の学生、バイト収入2割減 (3/8)

     全国大学生協連は8日、昨年秋の第56回学生生活実態調査の結果を発表した。下宿生のアルバイト月収(平均)が前年より2割以上減った一方、食費などの支出は切り詰めていた。コロナ禍による苦境が浮かび上がった...