ニュース

福島の県外避難者数、実態把握へ 減少想定、乖離解消目指す

2021/2/20 7:16
 東京都内で開かれた福島県の県外避難者らの交流会=2020年12月

 東京都内で開かれた福島県の県外避難者らの交流会=2020年12月

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県の県外避難者の登録情報について、復興庁と県が3月から大規模な実態把握に乗り出すことが19日、政府関係者への取材で分かった。現状では既に帰還した人や避難先で定住を決めた人が一定数含まれている。震災から10年の節目となるのを機に、実態との乖離解消を目指す。

 復興庁によると、1月時点の福島県の県外避難者数は約2万9千人だが、今回の取り組みにより減るとみられ、避難者支援の充実につなげる。

 避難者数は、総務省が震災後に稼働させた「全国避難者情報システム」を通じて把握。避難者による任意の届け出を基に集計している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 「銃声音」と110番、弾痕も (3/3)

     3日午前2時10分ごろ、兵庫県西宮市久保町の住宅街で「銃声のような大きな音がした」と住民から110番があった。西宮署によると、駆けつけた警察官が建物1階部分の金属製シャッターに弾痕のような傷を4カ所...

  • 対中緊急発進「総量抑制」 (3/3)

     東シナ海などの中国機に対する航空自衛隊戦闘機の緊急発進(スクランブル)に関し、防衛省が日本領空に侵入される恐れがより高い機体に対象を絞り、総量を抑制していることが2日、政府関係者への取材で分かった。...

  • 立件額の数倍搾取疑いも (3/3)

     福岡県篠栗町で5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇利恵容疑者(39)とともに逮捕された知人の赤堀恵美子容疑者(48)が、立件された計約200万円の数倍の金を碇容疑者から搾...

  • ゴーン元会長の逃亡解明へ (3/2)

     元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(66)=入管難民法違反容疑で逮捕状=のレバノン逃亡を手助けしたとして、東京地検特捜部が犯人隠避の疑いで逮捕した米国籍の親子2人が2日午後、米東部ボストンから成田...

  • 東大理事ら執行部、過半数女性に (3/2)

     東大が4月以降の新体制で、学長、副学長、理事の計9人のうち過半数の5人を女性とする方針を決めたことが2日、大学関係者への取材で分かった。文部科学省によると、国立の総合大学で、理事ら執行部の過半数を女...