ニュース

GDP、21年度コロナ前回復も 民間予測、平均3・9%増

2021/2/21 18:11

 日本経済が2021年度中に、新型コロナ感染拡大で落ち込む前の19年10〜12月期の水準に戻るとの見方が広がってきた。21年度のGDPの民間予測は平均で前年度比3・9%増。好調な輸出が回復をけん引し、緊急事態宣言の再発令で21年1〜3月期は低迷する個人消費も、春以降は堅調に推移するとの見方が多い。

 20日までに出そろった民間シンクタンク12社の見通しによると、21年度の実質GDPの伸び率は最高が5・1%、最低でも3・3%となった。15日に内閣府が発表した20年10〜12月期のGDPが市場の想定よりも高く、21年度の見通しを上方修正する社が目立った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   2日(日本時間 5時) (3/2)

     5時現在           1ドル=             106円81銭〜          106円82銭    前日比  −0円22銭   1ユーロ=            128円67銭...

  • 為替相場   2日(日本時間 2時) (3/2)

     2時現在           1ドル=             106円68銭〜          106円69銭    前日比  −0円09銭   1ユーロ=            128円59銭...

  • NY株、一時500ドル超高 (3/1)

     【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、前週末終値と比べた上げ幅が一時500ドルを超えた。米国で接種が1回で済む新型コロナウイルスワクチンが新たに承認さ...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • データ移行負荷で障害 (3/1)

     みずほ銀行は1日、2月28日に発生した現金自動預払機(ATM)で出金ができなくなるなどの障害について、定期預金のデータ移行作業でシステムに想定を上回る負荷が生じたことが原因と発表した。ATMに挿入し...