ニュース

鳥インフルがヒトに感染、世界初 ロシアの養鶏場、H5N8型

2021/2/21 20:23

 【モスクワ共同】ロシアの保健当局は20日、ロシア南部の養鶏場で昨年12月に、高病原性のH5N8型の鳥インフルエンザウイルスの鳥から人への感染が確認されたことを明らかにした。

 H5N8型の鳥から人への感染は世界初とみられ、ロシアは世界保健機関(WHO)に報告した。感染者は完治しており、人から人への感染はないという。

 保健当局は、次の段階として人から人に感染する恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。

 ロシア通信によると、南部アストラハン州の養鶏場で昨年12月、H5N8型の鳥インフルエンザが発生し、作業員7人がウイルスに感染したことが確認された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • イタリア新規感染、変異株5割超 (3/3)

     【ローマ共同】イタリア国立衛生高等研究所のブルサフェッロ所長は2日、記者会見し、新型コロナに関する2月中旬の調査で、新規感染者のうち英国由来の変異株の感染者が54%を占めたことが分かったと述べた。2...

  • ZOZO前沢氏、月旅行8人募集 (3/3)

     衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前沢友作氏は3日、米宇宙企業スペースXが開発中の次世代宇宙船「スターシップ」で2023年に飛行を計画している月周回旅行について、同行者8人の募集を始めたと発表し...

  • ワクチン増産ライバル連携 (3/3)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は2日の記者会見で、医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)による新型コロナウイルスのワクチン生産に同業の大手メルクが協力すると発表した。ワクチン生産の拡...

  • 複数機器接続で電力不足 (3/2)

     新型コロナウイルスワクチンを保管していた冷凍庫が温度上昇し故障したとされた問題で、厚生労働省は2日、同一箇所の電源コンセントに二つの機器を接続したことによる電力不足が原因だったと発表した。冷凍庫の故...

  • ワクチン接種の60代女性死亡 (3/2)

     厚生労働省は2日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチンを接種した60代女性が、接種から3日後に死亡したと発表した。女性に基礎疾患はなく、死因はくも膜下出血とみられる。現時点で接種との因果関係は...