ニュース

愛知・中部―デトロイト便再開 米デルタ4月に、欧米で初

2021/2/22 14:29

 米デルタ航空は22日、新型コロナ流行の影響で昨年3月から運休していた中部空港(愛知県常滑市)と米デトロイトを結ぶ便を4月4日から再開すると発表した。週1往復から始め、今後の状況を見ながら増便を検討する。中部空港では多くの国際線が運休状態にある。欧米向け定期便の再開決定は初めて。

 中部地域の自動車産業の復調などを受け、ビジネス需要が見込めると判断した。中部発の便は日曜日の午後5時に出発し、デトロイトに同日午後4時20分に到着。デトロイト発は金曜日の午後0時25分に出て、中部に土曜日の午後3時に着く。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 米NY知事、セクハラ疑惑を謝罪 (3/4)

     【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は3日の記者会見で、自身に対する複数のセクハラ疑惑について「誰かを不快にさせていたとは知らなかったが、不快に感じさせていたなら心から深く謝罪する」...

  • 米国務長官「中国は最大試練」 (3/4)

     【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は就任後初となる3日の外交政策に関する主要演説で「21世紀最大の地政学的な試練である中国との関係を管理する」と述べ、同盟・友好国と連携し対抗していく考えを表明し...

  • NY株続落、121ドル安 (3/4)

     【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比121・43ドル安の3万1270・09ドルで取引を終えた。米長期金利の上昇への警戒感が広がり、金利が上がると投資妙...

  • 英、50年ぶりに法人税引き上げ (3/4)

     【ロンドン共同】英政府は3日、大企業向けの法人税率を現行の19%から、2023年4月に25%へと引き上げると発表した。新型コロナウイルス危機対策を続ける一方で、傷んだ財政の再建策をいち早く打ち出した...

  • 米経済活動、緩やかに拡大 (3/4)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は3日、全国12地区の連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)を公表し、米国の経済活動は「大半の地区で緩やかに拡大した」と分析した。先行きについて...