ニュース

オリのヒギンス合流後初ブルペン 変化球を交え22球

2021/2/23 16:40
 ブルペンで投球練習するオリックスのヒギンス=宮崎市

 ブルペンで投球練習するオリックスのヒギンス=宮崎市

 救援で期待されるオリックスのヒギンスが宮崎キャンプ合流後初めてブルペン入りした。変化球を交えながら力強く22球。「もう少し体が硬いかと思ったが、全く感じず、スムーズに投げられた」とほっとした表情を浮かべた。

 来日2年目に備え、キャンプは大阪市内で鍛えたC組でスタート。9日に受けた検査で新型コロナウイルス陽性と判定されて自宅待機となり、陰性確認を経て宮崎入りしていた。昨季は41試合に登板したパワーピッチャーは「想像より体調もすごくいい。開幕までに上げていきたい」と頼もしかった。(宮崎市)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 大谷、最速161キロを計測 (2/28)

     【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグは27日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの大谷がアリゾナ州テンピで実戦形式の練習に登板した。35球を投げて最速100マイル(約161キロ)を計測し、安打性...

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 松山英樹は68で7位に浮上 (2/28)

     【ブラデントン(米フロリダ州)共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ワークデー選手権は27日、フロリダ州ブラデントンのコンセッションGC(パー72)で第3ラウンドが行われ、12位で出た松山英樹は6バ...

  • PAOKの香川、後半途中出場 (2/28)

     【アテネ共同】サッカーのギリシャ1部リーグで27日、PAOKの香川真司はアウェーのアステラス・トリポリ戦に0―2の後半18分から出場した。チームは終盤に1点を返したが、1―2で敗れた。

  • ボローニャ冨安は負傷でベンチ外 (2/28)

     【ミラノ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で27日、ボローニャの冨安健洋は左ふくらはぎ負傷のためホームのラツィオ戦でベンチ外だった。チームは2―0で勝った。