ニュース

首都圏、時短強化の命令「視野」 緊急宣言解除巡り西村氏

2021/2/23 19:22

 西村経済再生担当相は23日の記者会見で、首都圏の感染状況について、千葉県や神奈川県で新規感染者が増加に転じたとして、飲食店に対する営業時間の短縮要請を一層強める必要があると述べた。新型コロナ対応の改正特別措置法に基づく命令などの適用も「視野に入る」と強調した。

 関西3府県と中部2県の緊急事態宣言解除については「専門家の意見を聞いて適切に判断したい」と述べた一方、首都圏では3月7日の期限を長引かせないため「取り組み強化が必要だ」と訴えた。

 西村氏は宣言を解除する場合、繁華街などで感染増加の兆しを検知するためのモニタリング検査を幅広く実施すると説明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • EU、男女賃金差解消へ立法提案 (3/5)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は4日、男女の賃金格差解消に向けた立法措置を加盟国に提案した。企業などが雇用する男女の賃金格差の可視化や、性別による賃金差別を受けた際に補填を請求できる...

  • JRA調査結果、6日に公表 (3/5)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、実態調査をしていたJRAは5日、結果を農林水産省に報告した。6日午後にホームページなどで...

  • 東京の拾得物、32・4%減 (3/5)

     2020年に警視庁に届け出があった東京都内の拾得物は約280万6千件で、前年に比べ32・4%減少したことが5日、同庁への取材で分かった。遺失届は約78万5千件で25・0%減り、新型コロナウイルスの感...

  • 大阪、簡易検査で変異株64件 (3/5)

     大阪府は5日、新型コロナウイルスの感染者から採取した検体について変異株用の簡易検査を実施したところ、64人が陽性だったと発表した。うち12人は国立感染症研究所の詳細検査で英国由来の変異株であることが...

  • イベルメクチン、回復を早めず (3/5)

     【ワシントン共同】新型コロナウイルスに感染した軽症者に抗寄生虫薬「イベルメクチン」を投与したところ、回復を大幅に早める効果はみられなかったとの臨床試験(治験)結果を、南米コロンビアのチームが5日まで...