ニュース

米金融緩和、引き締め否定 FRB「雇用回復に時間」

2021/2/24 7:15
 FRBのパウエル議長(ロイター=共同)

 FRBのパウエル議長(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、景気回復や物価上昇に伴い金融緩和の引き締めが予想よりも早く始まるとの観測を否定した。米議会上院の銀行住宅都市委員会で「回復は均等ではなく完全にはほど遠い」と証言。特に雇用の回復には時間がかかるとの見方を示し、現行政策を「しばらくの間」は変更しないと強調した。

 FRBは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年3月から事実上のゼロ金利政策を継続。量的緩和策も毎月1200億ドル(約12兆6千億円)規模の米国債などの購入を続けている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 高齢者向けワクチン、6月中配送 (2/26)

     河野太郎行政改革担当相は26日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを巡り、高齢者3600万人が2回接種できる量について、全国の自治体への配送を6月中に完了できると明らかにした。接種が終了する時期...

  • 米当局が零下20度の保管容認 (2/26)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は25日、米製薬大手ファイザーの新型コロナワクチンを零下15〜25度の一般的な医療用冷凍庫で最大2週間、保管することを認めると発表した。これまで零下60〜8...

  • 緊急事態、2月末で6府県解除へ (2/26)

     政府は26日夕、10都府県で3月7日まで発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言に関し、岐阜、愛知の東海2県と京都、大阪、兵庫の関西3府県、福岡の計6府県について2月末での解除を決定する。病床使用率の...

  • 2回接種で91%に抗体確認 (2/26)

     【ロンドン共同】英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは25日、新型コロナウイルスのファイザー製ワクチンを2回接種した人のうち、約91%に抗体が確認されたと発表した。80歳以上の人に限る...

  • JRA、調教助手らに追加調査 (2/26)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手や厩務員が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、申請や受給を認めた調教助手らに日本調教師会が再びアンケート用紙を配り、申請の経緯を...