ニュース

現金供与原資、元法相指示 「自民からの金」供述女性

2021/2/24 11:12

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相の衆院議員河井克行被告(57)の公判が24日、東京地裁で開かれた。一部の現金供与について「自民党本部からの金が原資」と検察に供述した元会計担当の女性が証人として出廷。どの口座から出金するかなど「元法相からLINE(ライン)や電話で指示を受けた」と証言した。

 自民党本部は参院選前の19年4〜6月、元法相と妻の案里前参院議員(47)=有罪確定=側に計1億5千万円を入金した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 建設石綿訴訟、5月に上告審判決 (4/19)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5...

  • 緊急事態宣言3度目発令へ (4/20)

     政府は20日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く東京都、大阪府、兵庫県に緊急事態宣言を近く発令する方針を固めた。3度目の宣言となる。大阪府は同日、宣言発令を政府に求め、商業施設などへの休業要請を調整...

  • 自民、公務員制度改革を提言へ (4/20)

     自民党行政改革推進本部(棚橋泰文本部長)がまとめた公務員制度改革に関する提言案が20日、判明した。若手官僚の早期退職増加を巡り「『霞が関崩壊』の危機に直面している」と表明。リモートワーク推進など職場...

  • 公選法の条文ミスを2年放置 (4/20)

     2018年に改正された公選法の条文にミスがあったにもかかわらず、総務省から指摘を受けた参院法制局が2年以上放置していたことが20日、分かった。新たな規定を加える際の不備で一部の罰則が存在しない状態だ...

  • 18、19歳厳罰化、衆院を通過 (4/20)

     事件を起こした18、19歳の厳罰化を図る少年法改正案が20日、衆院本会議で可決。成人年齢が来年4月に20歳から18歳に引き下げられるのに合わせた措置。参院に送られ、23日に審議入りする見通し。 改正...