ニュース

会食なしでも民間と接点を 平井氏、総務省接待問題

2021/2/24 12:01

 平井卓也デジタル改革担当相は24日の閣議後記者会見で、総務省の接待問題に関して、適切な調査と処分の必要性を指摘した上で、政策をつくる過程では民間からの情報収集は不可欠との認識を示した。「夜会食をしなくても民間との接点を厚くできるアイデアが必要だ」と述べた。

 平井氏は「若い官僚は霞が関の中だけにいたのでは全くこれからの時代は通用しない」として、公務員がさまざまな情報を吸収して政策につなげるための教育システムを考えるべきだとの持論を展開した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 建設石綿訴訟、5月に上告審判決 (4/19)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5...

  • 酒類提供自粛の制度改正を要望 (4/22)

     埼玉、千葉、神奈川の3県知事は22日、各県のまん延防止等重点措置区域の飲食店などに酒類提供自粛を要請できるようにする制度改正を政府に要望。緊急事態宣言発令に伴い東京都で時間帯にかかわらず、酒類提供自...

  • 大阪知事「今週末から適用を」 (4/22)

     大阪府の吉村洋文知事は22日、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の時期について「週末は人が動く。今週末から適用してほしいと政府に伝えている」と府庁で記者団に述べた。 また、期間中に予定されるスポー...

  • 飲食店に酒類提供の自粛案 (4/22)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令に伴う措置を巡る政府と東京都の協議で、飲食店に対して時間にかかわらず酒類の提供自粛を求める案が浮上していることが22日、関係者への取材で分かった。 他にも百貨店や...

  • 国民投票法、5月6日採決を提案 (4/22)

     衆院憲法審査会は22日、今国会2回目の審査会を開き、憲法改正手続きに関する国民投票法改正案の質疑を実施した。与党は憲法審に先立つ幹事会で、5月6日に採決する日程を提案。野党は持ち帰った。日本維新の会...