ニュース

日米、駐留経費1年延長に署名 21年度負担は2017億円

2021/2/24 13:07

 日米両政府は24日、2021年度の在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、現行の特別協定の期限を20年度末から1年延長する「改正議定書」に署名した。21年度の日本の負担は2017億円となる。日本側は近く国会に提出し、3月末までの承認を目指す。

 署名は茂木敏充外相とヤング駐日米臨時代理大使が行った。茂木氏はその後の記者会見で「日米同盟の抑止力、対処力を高めるため、引き続き米側と緊密に連携していきたい」と述べた。

 特別協定は通常5年ごとに更新しており、1年延長は異例。バイデン米政権が日本の提案を受け入れた。22年度以降の負担については改めて協議する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 日米首脳、対中国抑止を協議へ (4/16)

     【ワシントン共同】菅義偉首相は16日午後(日本時間17日未明)、バイデン米大統領とホワイトハウスで初めて会談する。軍事、経済両面で覇権主義的な動きを強める中国に対する抑止力維持に関し協議。緊張が高ま...

  • まん延防止4県増え10都府県に (4/16)

     政府は16日、新型コロナ感染症対策本部会合を首相官邸で開き、まん延防止等重点措置の対象に埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県を追加すると決めた。期間は20日から5月11日まで。既に始まっている東京、大阪な...

  • キャリア官僚志望、大幅減 (4/16)

     人事院は16日、2021年度の国家公務員採用試験で、キャリアと呼ばれる中央省庁幹部候補の「総合職」申込者は前年度比14・5%減の1万4310人だったと発表した。申込者数は、総合職試験を導入した12年...

  • 小池氏「東京来ないで」強く要望 (4/16)

     東京都の小池百合子知事は16日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染防止策として、エッセンシャルワーカーを除く都外在住者に都内への来訪を控えるよう求めた意図を「人流を抑えるためには、強いけれども...

  • まん延防止措置、4県を追加へ (4/16)

     政府は16日午前、新型コロナウイルス感染症対策の専門家らによる基本的対処方針分科会を開いた。西村康稔経済再生担当相は緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」の適用対象に埼玉、千葉、神奈川、愛知の...