ニュース

感染疑いの宿泊拒否を検討、自民 旅行事業参入の海外企業規制も

2021/2/24 17:50

 自民党は、観光関連法制の見直しに着手する。新型コロナ感染拡大を教訓に、感染症が疑われる人の宿泊をホテル、旅館が拒めるようにする仕組みを検討。国内の旅行オンライン予約事業に参入した海外企業の規制も議論する。観光立国調査会の作業部会を25日に設置、5月に提言をまとめ、政府が策定する経済財政の「骨太方針」に反映させたい考えだ。

 旅館業法は「伝染性の疾病にかかっていると明らかに認められるとき」や違法行為が目的の場合を除き、宿泊を拒んではならないと規定。ただ、解釈が不明確で、せきをしていたり、検温で高熱が確認されたりしても、宿泊を求められれば断りにくいのが実態だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 福岡知事に服部氏初当選 (4/12)

     前知事の辞職に伴う福岡県知事選は11日投開票の結果、前副知事の服部誠太郎氏(66)=自民、立民、公明、社民推薦=が、元福岡市議の星野美恵子氏(70)=共産支持=を破って初当選を果たした。無所属新人同...

  • 82歳最高齢市長が落選 (4/11)

     任期満了に伴う栃木県佐野市長選が11日投開票され、5選を目指した現職市長では全国最高齢の無所属岡部正英氏(82)が、無所属新人の元県議金子裕氏(58)に敗れ、落選した。投票率は55・38%で過去最低...

  • 名古屋市長選に4人届け出 (4/11)

     任期満了に伴う名古屋市長選が11日告示され、いずれも無所属で、4期目を目指す現職河村たかし氏(72)と元自民党市議横井利明氏(59)=自民、立民、公明、国民推薦=ら計4人が届け出た。河村、横井両氏に...

  • 福岡県知事選、投票始まる (4/11)

     前知事の辞職に伴う福岡県知事選は11日午前、既に繰り上げ投票をした一部地域を除く1171カ所で投票が始まった。即日開票され、同日夜に大勢が判明する見通し。 立候補しているのは、元福岡市議の星野美恵子...

  • 日米、中国の人権「深刻な懸念」 (4/10)

     日米両政府は、菅義偉首相とバイデン大統領が16日に米ワシントンで開く初の首脳会談でまとめる共同文書に、中国・新疆ウイグル自治区と香港の人権抑圧に対する「深刻な懸念」を明記する方向で調整に入った。複数...