ニュース

生活保護の親族照会、弾力運用 厚労省「不通10年程度」に

2021/2/24 19:10

 生活保護の申請時に福祉事務所が本人の親族に援助できないかどうかを確認する「扶養照会」について、厚生労働省は24日、一定期間音信不通となっている親族には照会しない方針を固めた。「10年程度」を目安とする方向で調整している。月内にも自治体に周知し、弾力的に運用したい考え。

 これまでは自治体への通知などで、20年間音信不通の場合は照会不要と例示していた。新型コロナウイルス感染拡大で生活が苦しい人は増えているが、「身内に知られたくない」と保護申請をためらう人が多く、支援団体が国に運用の見直しを求めていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 政府、現役世代の医療費負担軽減 (4/14)

     一定以上の収入がある75歳以上の医療費窓口負担を1割から2割へ引き上げる医療制度改革関連法案は14日、衆院厚生労働委員会で実質審議入りした。政府側は現役世代の負担軽減につながると理解を求めたが、野党...

  • 自民、静岡知事選に岩井氏擁立へ (4/14)

     任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、自民党が国土交通副大臣の岩井茂樹参院議員(52)=静岡選挙区=を擁立する方針を固めたことが分かった。党関係者が14日明らかにした。既に4選...

  • 枝野氏、東京と大阪に宣言発令を (4/14)

     立憲民主党の枝野幸男代表は14日、新型コロナウイルス感染が再拡大する東京都と大阪府に緊急事態宣言の再発令が必要だとの考えを示した。党会合で「残念ながら『第4波』という状況だ。大阪で厳しい対応を取らな...

  • 緊急事態の再延長を今夜決定 (3/5)

     政府は5日夜、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づき、首都圏1都3県に発令している緊急事態宣言の再延長を決定する。西村康稔経済再生担当相は専門家らで構成する諮問委員会で、7日までの宣言の期限...

  • デジタル庁、参院審議入り (4/14)

     デジタル庁創設を柱としたデジタル改革関連5法案は14日、参院本会議で審議入りした。菅義偉首相は、個人情報漏えいや目的外利用の恐れについて「行政機関などが保有する個人情報を本人が利用停止請求できるなど...