ニュース

東京都160施設でワクチン保管 優先接種は60万人想定

2021/2/25 0:16
 東京都庁

 東京都庁

 東京都は24日、新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、ワクチンを保管するディープフリーザー(超低温冷凍庫)など必要な設備を設置して地域の拠点となる「基本型接種施設」を約160カ所確保したと明らかにした。医療従事者ら都内の優先接種の対象を約60万人と想定し、3月からの開始に向け準備を進めている。

 都によると、基本型接種施設から移送されたワクチンを接種する診療所などの「連携型接種施設」は約480カ所確保。接種を円滑にするため、都独自の予約システムも開発した。

 都では緊密な情報共有を目的に都医師会や市区町村など関係機関で構成する専門チームを立ち上げている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 国は国民に移動自粛呼び掛けを (4/12)

     全国知事会は12日、新型コロナ対策本部の会合をオンラインで開き、国への緊急提言案を大筋で了承した。「まん延防止等重点措置」の対象に東京、京都、沖縄の3都府県が追加されたのを踏まえ、感染拡大地域と他地...

  • 高齢者接種、初日は1139人 (4/12)

     65歳以上の高齢者約3600万人を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が12日、国内各地で始まり、政府によると初日は1139人が接種を受けた。第1弾として47都道府県に送ったワクチンは約5万人...

  • 東京、変異株の疑い新たに61人 (4/12)

     東京都は11日から12日にかけ、新型コロナウイルスの感染者が計727人報告されたと発表した。内訳は11日が日曜日で2月7日以来の400人超となる421人、12日は月曜日で2月1日以来の300人台の3...

  • まん延防止、飲食店の巡回強化 (4/12)

     新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」が12日、東京、京都、沖縄の3都府県で適用された。対象地域では感染拡大を防止するため、自治体の職員らが飲食店を見回って換気や消毒などの対策をチェックす...

  • 大阪、手術・入院の一時延期要請 (4/12)

     大阪府は12日、新型コロナウイルスに603人が感染し、感染者4人が死亡したと発表した。直近1週間の感染者は前週の1・47倍と急拡大が続き、確保した重症病床の使用率は90・6%に達した。府は12日、重...