ニュース

京都・北野天満宮で梅花祭 野だて茶会は中止

2021/2/25 11:08
 京都・北野天満宮の「梅花祭」=25日午前

 京都・北野天満宮の「梅花祭」=25日午前

 学問の神様、菅原道真を祭る北野天満宮(京都市上京区)で25日、道真の命日にちなみ「梅花祭」が行われた。例年は豊臣秀吉が境内で催した茶会に由来する野だて茶会も開催するが、新型コロナ感染拡大防止のため中止にした。

 本殿での神事では「菜種」が、道真の霊を「なだめる」に音が通じることから、菜の花を冠に付けた神職が梅の小枝などを供え、疫病退散も願った。これに先立ち、近くの花街、上七軒の芸舞妓がお茶をたてる「献茶ノ儀」も行われた。

 梅花祭は、約900年の歴史がある伝統行事。境内に植えられた約50種、約1500本の梅は見頃を迎えている。「梅苑」は3月下旬まで公開予定。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 英語の民間検定活用は「困難」 (4/20)

     大学入試の在り方を検討する文部科学省の有識者会議が20日開かれ、高校の新学習指導要領で学んだ高校生が受ける2025年1月以降の大学入学共通テストで英語の民間検定試験を活用することについて、複数の委員...

  • 郵便制度150年の記念貨幣 (4/20)

     独立行政法人造幣局(大阪市)は20日、日本の郵便制度開始から150年を記念した金銀貨幣を通信販売すると発表した。受け付けは21日から5月11日まで。純金の1万円金貨セットは14万5千円(送料込み)で...

  • 東武鉄道、自動運転を試験へ (4/20)

     東武鉄道は20日、東京都足立区を走る東武大師線西新井―大師前間の約1キロで2023年度以降、運転士資格のない乗員だけが列車に添乗する「グレード3」の自動運転を試験すると発表した。「大手私鉄で初のグレ...

  • 郵政150年で記念ポスト、東京 (4/20)

     郵政事業が始まって20日で150年を迎えたのに合わせ、東京中央郵便局(東京都千代田区)に記念ポストが設置された。電子看板が取り付けてあり、はがきや手紙を投函すると、日本郵便のキャラクター「ぽすくま」...