ニュース

国内広告費、9年ぶり減少 2020年、過去2番目の下げ幅

2021/2/25 15:29

 電通が25日発表した2020年の国内総広告費は、前年比11・2%減の6兆1594億円だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、東日本大震災があった11年以来、9年ぶりに減少した。下げ幅はリーマン・ショックの影響を受けた09年に次ぐ過去2番目の大きさだった。

 新型コロナの影響でイベントの延期や中止が相次いだほか、広告主が宣伝予算を絞り込んだことで広告出稿が減少した。東京五輪・パラリンピックの延期も打撃となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 為替相場  14日(日本時間16時) (4/14)

    16時現在           1ドル=             108円89銭〜          108円90銭    前日比  +0円42銭   1ユーロ=            130円33銭...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 東証反落、130円安 (4/14)

     14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。新型コロナウイルス感染症の国内再拡大が顕著になり、国内企業の業績への悪影響が広がるとの懸念から売り注文が目立った。 終値は前日比130円62...

  • 東京株式 14日終値      (4/14)

    <225種>          29620円99銭      前日比 −130円62銭  <TOPIX>         1952.18        前日比 −06.37