ニュース

国内広告費、9年ぶり減少 2020年、過去2番目の下げ幅

2021/2/25 15:29

 電通が25日発表した2020年の国内総広告費は、前年比11・2%減の6兆1594億円だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、東日本大震災があった11年以来、9年ぶりに減少した。下げ幅はリーマン・ショックの影響を受けた09年に次ぐ過去2番目の大きさだった。

 新型コロナの影響でイベントの延期や中止が相次いだほか、広告主が宣伝予算を絞り込んだことで広告出稿が減少した。東京五輪・パラリンピックの延期も打撃となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 2割がコロナで「カスハラ」増加 (4/15)

     新型コロナウイルスの影響で、苦情対応の経験がある会社員の21・6%が、取引先や顧客からの嫌がらせ「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が増えたと感じているとの調査結果を15日、危機管理コンサルティン...

  • 東京、新たに729人感染 (4/15)

     東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに729人報告されたと明らかにした。700人を超えたのは2月4日以来。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は500人を超えて523・4人に上昇し、...

  • 地銀の目利きで各地の産品販売 (4/15)

     地域商社支援会社RCG(東京)が6月下旬から、地域金融機関の推薦する各地の産品を掲載したカタログ販売事業に乗り出すことが15日、分かった。新型コロナウイルスの影響で苦しむ事業者の販路拡大を地域連携で...

  • 「コロナ対応の裁量拡大を」 (4/15)

     近畿2府4県などでつくる関西広域連合は15日、新型コロナ対応のオンライン会合を開き、現在の緊急事態宣言や「まん延防止等重点措置」の制度では変異株の広がりに対応できないとして、知事の裁量で地域の実情に...

  • コロナワクチン、初の共同接種へ (4/15)

     鳥取県の平井伸治知事は15日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種を兵庫県と共同で実施することで井戸敏三知事と合意したと明らかにした。県境をまたいで接種できるよう国に要望していたが、回答がな...