ニュース

東京の中小、テレワーク66% 出勤者は増加傾向

2021/2/25 17:33

 東京商工会議所は25日、1月7日に緊急事態宣言が再発令されて以降、東京23区にある中小企業の66・2%がテレワークを実施しているとの調査結果を公表した。昨年4〜5月の宣言時の67・3%とほぼ同水準だった。

 ただ、企業ごとにみるとテレワークの取り組みは後退し、出勤者は増加傾向にある。1日あたりにテレワークを実施している社員の割合が「20%以下」と回答した企業は29・8%で、前回宣言時から10ポイント超増えた。一方「81〜100%」は11・1%とほぼ半減した。

 従業員の規模では、300人以上は86・8%だが、29人以下では51・2%にとどまっている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 広島・宮島の水中花火大会終了 (4/14)

     世界遺産・厳島神社がある広島県廿日市市の宮島で毎年8月に開かれる夏の風物詩「宮島水中花火大会」が半世紀近い歴史に幕を下ろし、終了する。実行委員会が14日、大人数が集まり十分な安全対策を講じるのが困難...

  • ミツバツツジ3万本が見頃、鳥取 (4/14)

     標高約500メートルにある鳥取県日野町の滝山公園で、濃いピンク色のミツバツツジ約3万本が見頃を迎えている。空に向かって花びらを広げ、カエデや桜の葉の新緑とのコントラストが楽しめる。 ミツバツツジは里...

  • 鹿児島・奄美大島で海開き (4/14)

     鹿児島県・奄美大島で14日、海開きがあり、神事を執り行って海の安全を祈願した。奄美では毎年、旧暦3月3日の桃の節句に合わせて海開きをするが、新型コロナウイルス感染防止のため昨年に続いて今年も初泳ぎは...

  • 在宅勤務中の育児を詠む (4/14)

     「テレワーク 九九の呼吸が 漏れ聞こえ」―。オリックスは14日、働きながら子育てする人の日常をつづった「働くパパママ川柳」の入賞作品を発表した。大賞には子どもを傍らに感じながら在宅勤務する様子を表現...