ニュース

感染の10日以内発症が96%超 新型コロナ、和歌山県が分析

2021/2/25 18:57

 和歌山県は25日、新型コロナウイルス感染者の96・6%が、ウイルスに接触したとみられる日から10日以内に発症したとの分析結果を発表した。県福祉保健部の野尻孝子技監は「濃厚接触者の健康観察は、2週間は必要だ」としている。

 県は、昨年2月13日から今月15日までに確認した感染者のうち、発熱など何らかの症状が出て感染の機会を推定することができた417人を調査した。感染機会から平均4・7日後に発症。最も遅かったのは14日後だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • シリア難民にもワクチン接種加速 (4/16)

     内戦が続くシリアの隣国ヨルダンで、国内に滞在する約66万人のシリア難民への新型コロナウイルスワクチン接種が加速しており、難民キャンプ内にも接種センターが設立された。難民への接種は各国で遅れがちで、ヨ...

  • 大阪で最多1209人感染 (4/16)

     大阪府は16日、新型コロナウイルスに1209人が感染し、16人が死亡したと発表した。1日当たりの感染発表数として4日連続で最多を更新した。

  • 兵庫で新規感染、最多の510人 (4/16)

     兵庫県は16日、新型コロナウイルスに感染していた4人の死亡と、510人の感染を発表した。1日当たりの感染発表数としては、14日の507人を上回り過去最多。県内の死者は622人、感染確認は2万4796...

  • 東証続伸、終値は40円高 (4/16)

     16日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸し、前日比40円68銭高の2万9683円37銭で取引を終えた。米国の経済回復を期待した買い注文が優勢となった。日米首脳会談を控え、様子見姿勢も目立...

  • GW予約、過去2番目の少なさ (4/16)

     JR旅客6社は16日、ゴールデンウイーク期間(28日〜5月5日)の新幹線、在来線の指定席予約状況を発表した。15日現在の予約数は71万席で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言期間中だった2020年と比...