ニュース

テニス覇者の宮城淳さんが死去 1955年全米男子ダブルス

2021/2/25 20:25
 加茂公成選手(右)と肩を組む宮城淳選手=1954年10月

 加茂公成選手(右)と肩を組む宮城淳選手=1954年10月

 テニスの1955年全米ダブルス選手権男子(現在の全米オープン男子ダブルス)で戦後の日本男子唯一の四大大会制覇を果たした宮城淳(みやぎ・あつし)さんが24日、東京都世田谷区の介護施設で死去した。89歳。東京都出身。ぼうこうがんを患っていた。葬儀・告別式は近く家族葬で行う。

 戦後の日本テニス界で姉黎子さんと一時代を築いた。競技を始めた早稲田大卒業後の55年、日本初開催の男子国別対抗戦、デビス杯(デ杯)東洋ゾーンで優勝に貢献した。同年、当時シングルスと別々だった全米ダブルスで加茂公成と組み、日本勢初制覇を達成した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 大リーグ、大谷は無安打2三振 (4/23)

     【ヒューストン共同】米大リーグは22日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はヒューストンでのアストロズ戦に「2番・指名打者」で出場し、5打数無安打、2三振だった。チームは2―8で敗れた。 筒香の所属する...

  • 聖火リレー、九州でスタート (4/23)

     九州・沖縄で初日となる東京五輪の聖火リレーが23日、大分県でスタートした。福島県で始まったリレーは15府県目。大分を皮切りに、5月12日にかけ九州・沖縄8県を巡る。 九州の第1走者として、新体操の元...

  • 河本、野村ら日本勢4人予選落ち (4/23)

     【ロサンゼルス共同】米女子ゴルフのヒューゲルLAオープンは22日、ロサンゼルスのウィルシャーCC(パー71)で第2ラウンドが行われ、河本結と野村敏京は通算7オーバーの149、上原彩子は10オーバー、...

  • 八村塁はサンダー戦欠場 (4/23)

     【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAのウィザーズは22日、八村塁が23日(日本時間24日午前)に敵地オクラホマシティーで行われるサンダー戦を左膝痛のため欠場すると発表した。17日のピスト...