ニュース

島根が聖火リレーの協定違反指摘 組織委に是正要求

2021/2/26 12:53

 島根県は26日、東京五輪聖火リレー用のトーチ回収や離島での一部作業の負担を巡り協定違反が疑われるとして是正を求める催告書を大会組織委員会に送付したと発表した。丸山達也県知事は聖火リレーの中止を検討中。県関係者は取材に「1カ月程度、回答を待つ」と語った。

 県は聖火リレーを中止できる根拠として協定解除と県予算の執行停止を挙げており、回答が県の最終判断に影響する可能性がある。県担当者は「明確にしておかなければならない問題だ」としている

 組織委は「各都道府県と綿密に協議を重ねながら準備に取り組んできた。島根県と十分協議しながら丁寧に対応したい」とコメントした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ニュージーランド沖でM6・9 (3/5)

     【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド沖で5日午前2時27分(日本時間4日午後10時27分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。震源はニュージーランド北島の北...

  • 米国務長官、多様性担当を設置 (4/13)

     【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は12日、国務省で演説し、同省人事において人種や性別による差別や不平等を解消し、多様性を担保するために、新たに責任者のポストを設置したと発表した。黒人女性のジー...

  • 英殿下の孫2王子が追悼声明 (4/13)

     【ロンドン共同】エリザベス英女王(94)の夫フィリップ殿下が99歳で亡くなったことを受け、孫のウィリアム王子とヘンリー王子兄弟が12日、それぞれ声明を公表し「(人生を)奉仕にささげた」と追悼した。ウ...

  • シリア政権軍、化学兵器を使用 (4/13)

     【ブリュッセル共同】化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は12日、内戦下のシリア北西部イドリブ県サラケブで2018年に起きた化学兵器攻撃は、アサド政権軍によるものと結論付けた調査報告書...

  • ロシアの「脅迫的」活動非難 (4/13)

     【ロンドン、ワシントン共同】日米欧の先進7カ国(G7)外相は12日に共同声明を発表し、ロシアがウクライナ国境付近や実効支配するウクライナ南部クリミア半島で軍部隊を増強し続けるなど「脅迫的」な活動を行...