ニュース

五輪、社会巻き込み差別撤廃を 橋本会長とJOC山下氏が面会

2021/2/26 12:43

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は26日、東京都内で東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長の訪問を受けて取材に応じ「性差別を含むあらゆる差別の撤廃に向け、社会を巻き込んでいかないと価値はないと話していた」と会談の内容を説明した。

 山下会長によると「和やかな話し合い」だったという。

 新型コロナウイルスの影響などで国内の五輪開催の機運が低下しており「選手が五輪の話をするのはわがままだという雰囲気になっている。後ろめたさを何とかしていきたいと。橋本新会長は常にアスリート目線に立っている。覚悟、意気込みを感じた」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 五輪でチャイコフスキー (4/23)

     【モスクワ共同】タス通信によると、国際オリンピック委員会(IOC)は22日、今夏の東京五輪と2022年北京冬季五輪に参加するロシア選手に対し、国歌の代わりにロシアの作曲家チャイコフスキーのピアノ協奏...

  • ラグビー7人制の五輪運営テスト (4/22)

     ラグビー7人制の東京五輪運営テストが22日、本番会場の東京・味の素スタジアムで行われ、男女の日本代表候補選手も協力して競技運営の流れなどを確認した。選手はドバイで行われた国際大会から帰国後の新型コロ...

  • 女子バスケ高田「目標金メダル」 (4/22)

     バスケットボール女子の日本代表候補選手が22日、オンラインで取材に応じ、2016年リオデジャネイロ五輪代表の高田真希(デンソー)は「目標は金メダル。ハードな練習をこなさないと勝てない」と引き締まった...

  • 志位氏、IOC会長の発言を批判 (4/22)

     共産党の志位和夫委員長は22日の記者会見で、東京都に発令予定の新型コロナウイルス緊急事態宣言を巡り「東京五輪とは関係がない」とした国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の発言を批判した。コロナ...

  • 柔道男子の井上監督、五輪へ覚悟 (4/22)

     柔道日本男子の井上康生監督は22日、オンラインで報道陣の取材に応じ、23日で開幕まで3カ月となる東京五輪に向け「時間は待ってくれない。本当にやるべきことを一つ一つ積み上げて、道を歩んでいくしかない」...