ニュース

夜の水戸・偕楽園、新たな表情 1500本の梅照らす

2021/2/26 21:55
 人の動きに反応して光の色が変わるチームラボの作品=26日夜、水戸市の偕楽園

 人の動きに反応して光の色が変わるチームラボの作品=26日夜、水戸市の偕楽園

 日本三名園の一つ、水戸市の偕楽園の梅まつりに合わせた展覧会「チームラボ偕楽園光の祭」の内覧会が26日、開かれた。1500本の梅の木を使い、人が近くを通ると梅が強く照らされて音色が響くなど幻想的な8作品を展示。担当者は「いつもと違う夜の偕楽園の表情を楽しんでほしい」と期待している。

 展覧会は県の観光誘客推進事業に採択され開催が決まった。新型コロナの感染拡大を受け、開催が約2週間延期となった。国の緊急事態宣言対象地域からの来場は控えるよう呼び掛けている。

 開催期間は3月1〜31日の午後6〜8時半。観覧料は大人1500円、中高生800円で、小学生以下は無料。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 疫病沈静願い「薬まつり」 (4/18)

     奈良県桜井市の大神神社と狭井神社で18日、近畿一円の製薬業者らが参列し、新型コロナウイルス感染症など流行病の沈静や事業の発展を願う鎮花祭があった。「薬まつり」とも呼ばれ、約200社が医薬品約2500...

  • 子のゲーム依存の相談、5割増 (3/30)

     新型コロナウイルス感染拡大に伴い政府が昨年実施した休校が明けた後、子どものゲーム依存に関する児童相談所への相談が拡大前に比べ5割増えていたとの調査結果を、大阪府立大の山野則子教授(子ども家庭福祉学)...

  • ピンポン外交50年でシンポ (4/17)

     米中関係正常化につながった1971年の「ピンポン外交」から50年を記念し、きっかけとなった世界卓球選手権が行われた名古屋市で17日、歴史的意義を検証するシンポジウムが開かれた。民間外交の重要性を指摘...

  • マグロ市場でオペラの名曲披露 (4/17)

     生鮮マグロ水揚げ量が全国有数として知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦地方卸売市場で17日、オペラの名曲を演奏する「生まぐろ市場コンサート」が開かれた。普段はマグロが並ぶ魚市場に、ピアノの伴奏に乗ったソ...