ニュース

五輪テスト大会で選手の入国検討 宣言解除後、待機措置緩和も

2021/2/27 12:41
 国立競技場近くに設置されている五輪マークのモニュメント=18日、東京都新宿区

 国立競技場近くに設置されている五輪マークのモニュメント=18日、東京都新宿区

 政府が新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の全面解除後、原則入国が停止されている海外選手について東京五輪・パラリンピックのテスト大会などに参加する場合、「特段の事情」として受け入れを検討していることが27日、関係者への取材で分かった。

 水際対策の強化で停止されているスポーツ関連の入国特例措置が再開するめどは不透明。停止が続く場合でも開幕が迫る東京大会に向けて入国を認めるよう調整している。

 政府は現在、全世界からの外国人の新規入国を原則として認めていないが、人道上の配慮など「特段の事情」があれば許可している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 平泳ぎ代表の佐藤「目指すは金」 (4/20)

     競泳男子平泳ぎで東京五輪代表の20歳、佐藤翔馬が20日、所属する東京都豊島区の東京SCで練習を公開し「目指すのは金メダル。そこへ向かって、まだまだ頑張らないといけない」と約3カ月後の五輪へ意欲を語っ...

  • ボート、五輪予選へ強化合宿公開 (4/20)

     ボートの東京五輪出場枠を懸けて5月5〜7日に東京・海の森水上競技場で行われるアジア・オセアニア(AO)予選に出場する日本代表選手が20日、福井県内で実施している強化合宿を公開し、女子軽量級ダブルスカ...

  • 東京五輪、持続可能性低い (4/20)

     1992年以降のオリンピックで持続可能性がどの程度配慮されたか分析した結果を、スイスなどの国際チームが19日付英科学誌に発表した。環境負荷、社会正義、経済性の3分野で評価し、今夏の東京五輪は規模が大...

  • 聖火、高知の清流四万十川渡る (4/19)

     東京五輪の聖火リレーは19日午後も高知県西部で続き、四万十市では「最後の清流」と呼ばれる四万十川に架かる四万十川橋(赤鉄橋)や佐田沈下橋をランナーがトーチを掲げ、駆け抜けた。 宿毛市では、全国障害者...

  • バレー日本女子「わが道を行く」 (4/19)

     バレーボールの女子日本代表が19日、東京五輪シーズン開幕前の記者会見をオンラインで開き、中田久美監督は「選手の力を十分発揮させられるように環境を整えるとともに、ベンチワークも含めて五輪のシミュレーシ...