ニュース

鈴木が日本新、初の4分台で優勝 びわ湖毎日マラソン

2021/2/28 17:03
 びわ湖毎日マラソンで、日本選手として初の2時間4分台となる2時間4分56秒の日本新記録を樹立し、笑顔でポーズをとる鈴木健吾=28日、大津市皇子山陸上競技場(代表撮影)

 びわ湖毎日マラソンで、日本選手として初の2時間4分台となる2時間4分56秒の日本新記録を樹立し、笑顔でポーズをとる鈴木健吾=28日、大津市皇子山陸上競技場(代表撮影)

 びわ湖毎日マラソンは28日、大津市皇子山陸上競技場発着で行われ、25歳の鈴木健吾(富士通)が2時間4分56秒の日本新記録で初優勝を飾った。日本人初の2時間4分台で、従来の記録は東京五輪代表の大迫傑(ナイキ)が昨年3月に東京でマークした2時間5分29秒だった。

 鈴木は2011年のウィルソン・キプサング(ケニア)の大会記録も1分17秒塗り替えた。日本勢の優勝は02年の武井隆次以来、19年ぶり。鈴木は先頭集団が3人に絞られた36キロすぎでスパートし、35〜40キロは14分39秒と終盤もハイペースを刻んで逃げ切った。


この記事の写真

  •  2時間4分56秒の日本新記録をマークし、優勝した鈴木健吾=大津市皇子山陸上競技場
  •  男子マラソン日本記録の変遷

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • D1―7中(21日) (4/21)

     中日が快勝した。四回にビシエドの適時打と高橋周の適時二塁打、阿部の3ランで5点を先制。八、九回に1点ずつ加点して突き放した。勝野が7回2安打1失点で2勝目。DeNAは9連敗。入江が4回5失点と崩れた...

  • 欧州新リーグ、撤退続々 (4/21)

     【ロンドン共同】サッカーの強豪クラブによる欧州スーパーリーグへの参加について、イングランド・プレミアリーグのリバプールなど全6クラブが20日、一転して撤退を表明した。21日にはイタリア1部(セリエA...

  • バスケ渡嘉敷「無理はしない」 (4/21)

     バスケットボール女子日本代表候補の渡嘉敷来夢(ENEOS)が21日、強化合宿中の東京・味の素ナショナルトレーニングセンターでオンライン取材に応じ、右膝の大けがで出場が絶望的となっている東京五輪につい...

  • 公道聖火リレー中止を検討 (4/21)

     京都市の門川大作市長は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都市の公道での東京五輪聖火リレーをやめる方向で検討していると明らかにした。