ニュース

福岡知事選、正式表明後に支持へ 自民国会議員の一部

2021/2/28 21:38

 福岡県選出の自民党国会議員の一部は28日、4月の県知事選対応を巡り東京都内で会談し、党として支持する候補は、正式な立候補表明後に決める方針を確認した。党県議団は服部誠太郎副知事が適任との認識を共有している一方で、一部の国会議員は元国土交通省局長の奥田哲也氏を推している。

 古賀篤衆院議員は会談後、記者団に「知事選まで日にちがない。1週間の中で速やかに決めないといけない」と対応を急ぐ考えを示した。

 保守分裂回避に向け、候補者一本化の必要性も確認。県議団と「意思疎通、連携を図りたい」とも強調した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 建設石綿訴訟、5月に上告審判決 (4/19)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5...

  • 緊急事態宣言3度目発令へ (4/20)

     政府は20日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く東京都、大阪府、兵庫県に緊急事態宣言を近く発令する方針を固めた。3度目の宣言となる。大阪府は同日、宣言発令を政府に求め、商業施設などへの休業要請を調整...

  • 自民、公務員制度改革を提言へ (4/20)

     自民党行政改革推進本部(棚橋泰文本部長)がまとめた公務員制度改革に関する提言案が20日、判明した。若手官僚の早期退職増加を巡り「『霞が関崩壊』の危機に直面している」と表明。リモートワーク推進など職場...

  • 公選法の条文ミスを2年放置 (4/20)

     2018年に改正された公選法の条文にミスがあったにもかかわらず、総務省から指摘を受けた参院法制局が2年以上放置していたことが20日、分かった。新たな規定を加える際の不備で一部の罰則が存在しない状態だ...

  • 18、19歳厳罰化、衆院を通過 (4/20)

     事件を起こした18、19歳の厳罰化を図る少年法改正案が20日、衆院本会議で可決。成人年齢が来年4月に20歳から18歳に引き下げられるのに合わせた措置。参院に送られ、23日に審議入りする見通し。 改正...