ニュース

聖火走者辞退で別理由提案、長崎 女性蔑視に反発の大学院生へ

2021/3/1 17:14

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長の女性蔑視発言を受け、長崎県佐世保市の大学院生の女性(26)が聖火ランナーを辞退し、県が理由を「諸般の事情」や「組織委への不満」とするよう提案したことが1日、県と本人への取材で分かった。県の担当者は「本人のことを思い、中立的な表現が良いのではないかと考え提案した」と釈明した。

 女性は男女共同参画を学んでいる。取材に「ランナーを務めたかったが、森氏の言動には到底賛同できないという自分の意思だった」と説明。「声を上げなければ、女性が軽く見られている状況に甘んじてしまうと思った」と訴えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • コロナ対策で専門家会議 (4/24)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会が、国や東京都、国際オリンピック委員会(IOC)などと検討している大会の新型コロナウイルス対策について、専門家からの助言を得るために新たな会議を設置することが23日...

  • 世界柔道で出口の五輪代表決定へ (4/23)

     【ニューヨーク共同】カナダ柔道連盟は22日、長野県出身で2019年世界女王の出口クリスタが目指す東京五輪女子57キロ級代表を6月の世界選手権(ブダペスト)の結果で決定すると発表した。当初は5月に代表...

  • 聖火、大分で「昭和の町」巡る (4/23)

     九州・沖縄での初日を迎えた東京五輪の聖火リレーは、23日午後も大分県で続き、昭和30年代の面影を残す豊後高田市の「昭和の町」や、名勝地の中津市・耶馬渓などを巡った。夜に日田市でゴールした。 昭和の町...

  • 沖縄・宮古島の聖火リレー中止 (4/23)

     東京五輪聖火リレーの沖縄県実行委員会は23日、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が適用される宮古島市で、5月2日に公道で予定していたリレーを中止すると発表した。代替措置は取らず、イベントも...

  • 豪州、東京の五輪予選に派遣せず (4/23)

     飛び込みのオーストラリア連盟は23日、東京五輪最終予選とテスト大会を兼ねて5月1〜6日に東京アクアティクスセンターで行われるワールドカップ(W杯)に選手団を派遣しないと発表した。新型コロナウイルスの...