ニュース

ノーベル文学賞後、初の小説発表 イシグロさん、世界同時刊行

2021/3/2 0:05
 カズオ・イシグロさん

 カズオ・イシグロさん

 2017年にノーベル文学賞を受けた長崎市出身の英国人作家カズオ・イシグロさん(66)の受賞後第1作となる長編小説「KLARA AND THE SUN」が2日、世界で同時発売された。邦訳版は「クララとお日さま」と題し早川書房が刊行。オンラインで取材に応じたイシグロさんは「人間はデータに基づき予測できる存在なのかを探った」と話した。

 同作の舞台は、人工知能(AI)や遺伝子操作の技術が進んだ近未来の米国。子どもに寄り添うために作られた「人工親友」のクララを語り手に、人間の孤独や痛みを描く。早川書房によると発売前に3度増刷し、発行部数は計6万5千部。


この記事の写真

  •  「クララとお日さま」の表紙

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

文化・芸能の最新記事
一覧

  • 囲碁、一力がNHK杯優勝 (3/21)

     囲碁の第68回NHK杯トーナメントの決勝は21日に放送され、一力遼碁聖(23)が余正麒八段(25)を破り、優勝した。一力碁聖の優勝は2年ぶり2度目。 一力碁聖は第66回にNHK杯初優勝。第67回も決...

  • 日本推理作家協会賞決まる (4/22)

     第74回日本推理作家協会賞は22日、「長編および連作短編集部門」が坂上泉さんの「インビジブル」(文芸春秋)と桜田智也さんの「☆(せみ)かえる」(東京創元社)に決まった。「短編部門」は結城真一郎さんの...

  • ボーン・上田賞、受賞者が講演 (4/22)

     優れた国際報道を手掛けたジャーナリストに贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」受賞者の講演会が、5月1日に横浜市のニュースパーク(日本新聞博物館)で開かれる。「習近平指導部の海洋戦略と日米中関係」の...

  • 高輪築堤、JRは「破壊撤回を」 (4/22)

     日本で初めて開業した鉄道の遺構「高輪築堤」を巡り、JR東日本が一部を現地保存や移築保存し、大半は調査後に取り壊す方針を表明したことについて、日本考古学協会会長の辻秀人東北学院大教授は22日、「容認で...

  • 宝塚月組トップに月城かなとさん (4/6)

     宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)は6日、月組の次期トップスターに月城かなとさん、トップ娘役に海乃美月さんが決まったと発表した。それぞれ現トップスターの珠城りょうさん、トップ娘役美園さくらさんの後任として8...