ニュース

東横線運転再開、17万人に影響 ビル足場倒壊、324本が運休

2021/3/3 14:01
 東急東横線、自由が丘駅付近の線路脇で起きたビル建設現場の足場崩落事故で、復旧作業にあたる作業員ら=3日午前8時57分、東京都目黒区(共同通信社ヘリから)

 東急東横線、自由が丘駅付近の線路脇で起きたビル建設現場の足場崩落事故で、復旧作業にあたる作業員ら=3日午前8時57分、東京都目黒区(共同通信社ヘリから)

 東京都目黒区で線路脇のビル建設現場の足場が崩れ、東急東横線が停電した事故で、東急電鉄は3日、復旧作業のため東横線渋谷―武蔵小杉間の上下線で始発から運転を見合わせたが、午後0時20分ごろに運転を再開した。現場が狭くて重機が使えず、時間がかかった。

 東急電鉄によると、2日と3日の両日で計324本が運休し、計約17万3800人に影響した。

 自由が丘駅近くの現場では、数十人の作業員が倒れた足場を撤去する作業に当たった。駅前でタクシーを待つ東京都大田区の女性会社員(59)は「ニュースを知って、普段より1時間早く出てきた」と慌てた様子で話した。


この記事の写真

  •  東急東横線の線路脇で起きたビル建設現場の足場崩落事故で、復旧作業にあたる作業員ら=3日午前7時5分、東京都目黒区の自由が丘―都立大学間

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 宮教大が東北5県「地域定着枠」 (4/20)

     宮城教育大(仙台市)が2022年度入試から、宮城県以外の東北5県で働く体育や家庭科、音楽などの教員を確保するため、「地域定着枠」を設けることが20日、分かった。実技系の教員養成課程が廃止される大学も...

  • 黒部のトロッコ電車が再開、富山 (4/20)

     北アルプスの壮大な大自然を楽しめる黒部峡谷鉄道(富山県黒部市)のトロッコ電車が20日、約5カ月間の冬季休業を終え、一部区間で運転を再開した。11月末まで。 開通区間は、県内有数の温泉地である宇奈月か...

  • ラテアートで防犯呼び掛け (4/20)

     女性や高齢者に痴漢や特殊詐欺の被害防止を広く呼び掛けようと、大阪市北区にあるカフェが大阪府警天満署と珍しいコラボ企画を進めている。ラテアートで「ちかんきをつけて」「サギきをつけて」とのメッセージとデ...

  • 子のゲーム依存の相談、5割増 (3/30)

     新型コロナウイルス感染拡大に伴い政府が昨年実施した休校が明けた後、子どものゲーム依存に関する児童相談所への相談が拡大前に比べ5割増えていたとの調査結果を、大阪府立大の山野則子教授(子ども家庭福祉学)...