ニュース

大関正代、聖火ランナー辞退 相撲協会「場所前の外出不可」

2021/3/3 12:37

 熊本県は3日、東京五輪の聖火ランナーとして出身地の熊本県宇土市を5月5日に走る予定だった大相撲の大関正代関が辞退したと明らかにした。4日後に5月場所(東京)初日を控えており、新型コロナウイルス禍での長距離移動のリスクを考慮した日本相撲協会が「場所前2週間は外出させない」との方針を示し、辞退を申し入れたという。

 先月24日に協会から連絡があり、県が正代関に意向を確認したところ、辞退を表明した。県担当者は「非常に残念だが、大相撲の活躍で県民に元気をくれれば」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • オ11―3西(20日) (4/20)

     オリックスが1分けを挟んだ連敗を4で止めた。打線は今季最多17安打11得点。3―3の五回に杉本の適時打で勝ち越すと、六回は吉田正の3号ソロ、八回には6点追加。好救援の竹安が今季初勝利。西武は中盤以降...

  • 広1―2ヤ(20日) (4/20)

     ヤクルトが逆転勝ちした。0―1の六回に中村の犠飛で追い付き、七回は代打川端の右前適時打で勝ち越した。田口が6回を4安打1失点で移籍後初勝利を挙げ、石山が6セーブ目。広島は森下が粘れず、打線はつながり...

  • ソ6―4楽(20日) (4/20)

     ソフトバンクが打ち勝った。1点を追う二回に甲斐が3ラン、3―4の四回はデスパイネが同点二塁打。六回に甲斐の2点二塁打で勝ち越した。甲斐は5打点。救援6投手が無失点でつなぎ、嘉弥真が今季初勝利。楽天は...

  • ロ8―4日(20日) (4/20)

     ロッテが逆転勝ちで5連勝した。2―4の五回にマーティンの適時打と犠飛で追い付き、八回に山口のソロ、荻野の適時三塁打、中村奨の2点適時打で4点を勝ち越した。3番手の唐川が今季初勝利。日本ハムは投手陣が...