ニュース

大関正代、聖火ランナー辞退 相撲協会「場所前の外出不可」

2021/3/3 12:37

 熊本県は3日、東京五輪の聖火ランナーとして出身地の熊本県宇土市を5月5日に走る予定だった大相撲の大関正代関が辞退したと明らかにした。4日後に5月場所(東京)初日を控えており、新型コロナウイルス禍での長距離移動のリスクを考慮した日本相撲協会が「場所前2週間は外出させない」との方針を示し、辞退を申し入れたという。

 先月24日に協会から連絡があり、県が正代関に意向を確認したところ、辞退を表明した。県担当者は「非常に残念だが、大相撲の活躍で県民に元気をくれれば」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 柔道の原沢、五輪に向け手応え (4/11)

     4月上旬に柔道の二つの国際大会に出場した東京五輪男子代表で100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)、100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)、90キロ級の向翔一郎(ALSOK)が11日、オンラインで報...

  • 競泳のリレー要員に塩浦、白井ら (4/11)

     日本水連は11日、競泳の東京五輪代表にリレー要員として、男子の塩浦慎理、女子の白井璃緒、増田葵、池本凪沙の4人を選んだと発表した。五輪代表は計33人(男子17、女子16)となった。 代表は次の通り。...

  • 競歩、丸尾が初優勝し五輪代表に (4/11)

     陸上の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権50キロ競歩は11日、石川県輪島市の日本陸連公認コースで行われ、2017年の世界選手権代表だった丸尾知司が3時間38分42秒で初優勝し、初の五輪代表に決まっ...

  • リオ銀の樋口黎が計量で失格 (4/11)

     レスリング男子フリースタイル57キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの樋口黎(ミキハウス)がカザフスタンのアルマトイで出場予定だった東京五輪アジア予選の計量で体重オーバーのために失格したと...

  • 聖火リレー、奈良南部から出発 (4/11)

     東京五輪の聖火リレーは11日、全国9県目の奈良県で、南部の五條市からスタートした。同日中に、7世紀前半に没した権力者の蘇我馬子の墓ともみられる石舞台古墳などが有名な明日香村を経て、藤原京(694〜7...